投稿

初心者向け動画編集アプリVideoProcを試してみた!

イメージ

パソコンなしでもOK!レンタル・購入したDVDをスマホに取り込む方法おすすめ

イメージ
パソコンを使わずDVDをスマホに取り込みたいのか。ソフトウェアをインストールせずにCPRM/ディズニーDRMなどのコピーガード付きDVD動画をスマホ(iPhone/Android)で再生したいのか。もしそうでしたら、本文は、DVD スマホ 取り込み パソコンなしで行える方法をまとめてみた。

パソコンなしでもOK!レンタル購入したDVDをスマホに取り込む方法おすすめ
現在、スマートフォンが流行っていると共に、パソコンを持たない若者が増えてきた。例えば、iPhone/Android端末でネットや動画コンテンツを視聴できるし、PCがなくてもスマートフォンを持てばOK。
また、レンタル・購入したDVDの映像をiPhone/Android端末に取り込もうと思うと、通常であればどうしてもMacX DVD Ripper Pro/DVD Shrinkがインストールされたパソコンが必要。
しかし、実はあるものを利用するだけで、パソコン不要でDVDをスマホに取り込むことが可能となる。
以下では、DVD スマホ 取り込み パソコンなしで行える方法をご紹介する。
DVDドライブ:パソコンを使わずDVDをスマホに入れる方法)
DVDミレルは、スマホやタブレットで直接DVD映像が視聴できるスマホ・タブレット用のDVDドライブである。
詳しく言えば、パソコンなしで、スマホ(iPhone&Android)とDVDミレルとをワイヤレスで直接接続するだけで、お手持ちのスマホがDVDプレーヤーと早変わり。それで、外出先でも移動中でもDVDを視聴することができる。
DVDミレルの最大な特徴は「プレーヤー、パソコン不要でDVDを楽しむ」という所。
【対応端末】:Android&iOS端末(iOS8、Android4.2.2以上)
読込み対応フォーマット】:DVD-Video、CD-DA(Audio CD)
読込み対応メディア】:DVD-ROM(1層/2層)、CD-ROM
【書き込み対応フォーマット】:CD-DA(Audio CD)
【重さ】:約280グラム(ACアダプター別)
【大きさ】:137×152×22mm
DVDミレルを使ってパソコン不要でDVDをスマホに取り込む
以下では、DVDミレルを使って、DVD スマホ 取り込み パソコンなしで行う方法を紹介する。ご参照ください。
(事前準備)
スマートフォン(…

新型iPad Pro(2018)発売日、価格、スペック(機能)まとめ

イメージ
新型iPad Pro(iPad Pro 3仮称)は現行iPadモデルより大きな進化を遂げるようで、iPhone Xで搭載しているFace ID顔認証機能、TrueDepthカメラシステム、USB-C経由で4K HDRの 外部ディスプレイ出力などの最新機能を採用する見込み。 ディスプレイに関しては、新型iPad ProではAMOLED(有機ELディスプレイの一種)ディスプレイか、ベゼルレスディスプレイを採用し、今までのiPadシリーズモデルと変わり、フォームファクタデザインやユーザー操作も一新されると伝えている。 更に、新型iPad2018モデルではAnimoji(アニモジ)も使える。また、2018年に発表される新型iPad Proはホームボタン廃止となる。 ハードウェアに関しては、新型iPad Pro(iPad Pro 3)ではFace ID、A12Xプロセッサ、A12チップ、iOS12.1を導入し、処理速度は12.9インチiPad Proと11インチiPad Proより更に速くなる。更に、ランドスケープ(横置き)モードに対応したFace IDを採用し、Lightningに代えてUSB-Cポートを搭載、様々なオプション機器と接続できる磁気コネクタ、新型Apple Pencilのサポートなど、様々な情報が報じられている。 また、最新情報によると、新型Apple Pencilも準備中で、2018 iPad Pro3とともに登場する見通し。 新型iPad Pro(iPad Pro3)バッテリー持ち時間に関しては、満充電1回で12時間連続使用できるようになる見込み。 更に、2018年のiPad Proの寸法も判明され247.6×178.5×5.9mmになり、イヤホンジャックが取り払われるとも言われている。 項目/機種 11インチ新型iPad Pro(2018) 12.9インチ新型iPad Pro(2018) 発表日 日本時間10月30日 日本時間10月30日 発売日 2018年11月7日発売 2018年11月7日発売 ディスプレイ IPSテクノロジー搭載11インチ、ホームボタンが廃止されるLiquid Retinaディスプレイを搭載 IPSテクノロジー搭載12.9インチ、ホームボタンが廃止されるLiquid Retinaディスプレイを搭載 解像度 2,388 × 1,668ピクセル解…

ユーチューブ代わりになれる動画視聴サイトおすすめ|最新版

イメージ
最近「いつも問題なく再生できるはずのYoutubeは突然、iPhoneで再生出来なくなった」という声が上がる。例えば、iPhoneのSafariやGoogle Chromeブラウザを使ってYouTubeが再生できない話もあれば、YouTubeがiOS 11を搭載したiPhoneで動作しない説もある。YouTubeが見れない原因が様々あるので、ちゃんと原因を確認してから、それに応じて適切な対処法を取れば、YouTubeが見られるようになる。
今回の記事では、誰でもわかりやすくiPhoneでYoutube見れない原因と解決策を詳しく紹介する。

iPhoneYoutubeが見れない原因と対策まとめ
以下の内容は、iPhoneでYoutubeが見れない場合に考えられる原因と対策をご紹介していく。
解決策(一)ネットワーク設定をリセットする
iPhoneが電波の弱いWi-Fiネットワークに接続したり、またはiPhoneがWiFiに接続しているのにインターネットが使えない場合がある。その時、iPhoneでYoutubeが見れないのは当然である。以下は2つの対処法は、ネットワークの問題で起こったiPhone Youtube読み込みエラーを解消する。
方法:iPhone側でWi-Fi をオフにしてからオンにし、再接続する。
方法:iPhoneで「設定」>「一般」>「リセット」から「ネットワーク設定をリセット」をタップして、iPhoneのネットワーク設定をリセットする。リセットを行なった後は、Wi-Fiを再度設定しよう。

解決策(二)Bluetoothをオフにする
SafariやChrome等のブラウザでYouTubeが見れないなら、Bluetoothをオフしただけで問題を解決する時がある。iOS 10以前では、コントロールセンターを開いて、Bluetoothボタンをタップすると、Bluetoothの機能全体のオン/オフを切り替えることができた。iOS 11の場合、Bluetoothをオフにするには、「設定」>「Bluetooth」の順に選択して、「Bluetooth」をオフにする。
解決策(三)YouTubeアプリ/Safariキャッシュを消去する
Safariで見れないにも、YouTubeアプリで見れないにも関わらず、キャッシュのクリアをお試しください。
Youtube見れない…

新型アイフォンにユーチューブを保存・再生できない時の対処方法

イメージ
最近「いつも問題なく再生できるはずのYoutubeは突然、iPhoneで再生出来なくなった」という声が上がる。例えば、iPhoneのSafariやGoogle Chromeブラウザを使ってYouTubeが再生できない話もあれば、YouTubeがiOS 11を搭載したiPhoneで動作しない説もある。YouTubeが見れない原因が様々あるので、ちゃんと原因を確認してから、それに応じて適切な対処法を取れば、YouTubeが見られるようになる。
今回の記事では、誰でもわかりやすくiPhoneでYoutube見れない原因と解決策を詳しく紹介する。

iPhoneYoutubeが見れない原因と対策まとめ
以下の内容は、iPhoneでYoutubeが見れない場合に考えられる原因と対策をご紹介していく。
解決策(一)ネットワーク設定をリセットする
iPhoneが電波の弱いWi-Fiネットワークに接続したり、またはiPhoneがWiFiに接続しているのにインターネットが使えない場合がある。その時、iPhoneでYoutubeが見れないのは当然である。以下は2つの対処法は、ネットワークの問題で起こったiPhone Youtube読み込みエラーを解消する。
方法:iPhone側でWi-Fi をオフにしてからオンにし、再接続する。
方法:iPhoneで「設定」>「一般」>「リセット」から「ネットワーク設定をリセット」をタップして、iPhoneのネットワーク設定をリセットする。リセットを行なった後は、Wi-Fiを再度設定しよう。

解決策(二)Bluetoothをオフにする
SafariやChrome等のブラウザでYouTubeが見れないなら、Bluetoothをオフしただけで問題を解決する時がある。iOS 10以前では、コントロールセンターを開いて、Bluetoothボタンをタップすると、Bluetoothの機能全体のオン/オフを切り替えることができた。iOS 11の場合、Bluetoothをオフにするには、「設定」>「Bluetooth」の順に選択して、「Bluetooth」をオフにする。
解決策(三)YouTubeアプリ/Safariキャッシュを消去する
Safariで見れないにも、YouTubeアプリで見れないにも関わらず、キャッシュのクリアをお試しください。
Youtube見れない…

正式版macOS Mojaveがリリース|macOS Mojave対応機種・ダウンロード・アップデート方法

イメージ
一、 macOS 10.14をインストールする事前準備チェックシート!

macOS 10.14 インストールできない問題やmacOS 10.14 インストール 進まない問題を回避するために、macOS 10.14アップデート・インストールが進められるために、必要な事前準備を各ケースに合わせて紹介する。macOS 10.14をダウンロード・インストールには必ず準備をよくしてください。
記事全文はこちら:http://ur0.link/M9IB
1. 2018macOS 10.14インストールに対応できる機種
2011年以前のモデルは非対応に
iMac:「Late 2012」以降のモデル
iMac Pro:2017年モデル
MacBook:2015年以降のモデル
MacBook Pro:「Mid 2012」以降のモデル
MacBook Air:2012年以降のモデル
Mac mini:「Late 2012」以降のモデル
Mac Pro:「Late 2013」以降のモデル、またはMetal対応GPUを搭載した「Mid 2010」または「Mid 2012」モデル

●2. お使いのMacの空き容量やメモリを確認
順調にmacOS 10.14をインストールして利用するように、macOS 10.14をダウンロード・インストール前に必要の空き領域より大きいスペースを用意したほうがいい。
macOS 10.13 High Sierraアップデートを行う時、最低 2 GB のメモリと、ストレージに 14.3 GB の容量が必要となるので、macOS 10.14をインストールするにはほぼ16GBの空き容量を用意したほうがいいと思う。macOS 10.14正式版が発表されたら、必要な空き容量をよく確認してください。
空き容量やメモリを確認する方法:
①Macのメモリ(RAM)を確認する方法:左上のAppleアイコンをクリック⇒「このMacについて」をクリック⇒「概要」をクリック
②Macのストレージの空き容量を確認する方法:左上のAppleアイコンをクリック⇒「このMacについて」をクリック⇒「ストレージ」をクリック
ヒント:空き容量が不足している場合は、ファイルを削除したり、コンテンツを移動したり、macOS のストレージ最適化ツールを使ったりして空き領域を増やせる。
●3. macOS 10.…

iOS12アップデート事前準備&iOS12アップデート方法、iOS12アップデートできない時の対策

イメージ
記事全文はこちら:http://urx3.nu/M1io
iOS12アップデート事前準備
★端末のデータをバックアップ
iCloud/iTunesを利用してiPhone、iPad、iPod touch(iOS12アップデートへアップデートしたい端末)のデータをバックアップする。
★元の古いバージョンのiOSのコピーを保存
それは面倒でかなり時間がかかる上、スキップしてもiOS 12アップデートには何の影響もないので、やらなければいけないことではない。だが、iOS 12から元の古いバージョンへダウングレードしたい時、それは大変役に立つ。

WindowsではAltキー、またはMacではOptionキー押しながら、ユーザフォルダ内のライブラリフォルダにアクセスする。そして、対象端末のソフトウェアアップデートフォルダを選択する。ところが、お使いのMacでそのフォルダを削除した場合、ブラウザを起動して、“IPSWダウンロード”を検索する。機種別に正しいIPSWをダウンロードするかと確認してください。
★ダウンロード前に、十分な領域があることを確認
iOSアップデートを行う際に、特にWi-Fiを利用してiPhone単体で行う場合は、各々のバージョン毎に異なるが指定された数GB単位の空き容量が必要。例えば、iOS 9へアップデートするために約1.3GB、iOS 10は約1.5GBの自由空間が要求される。iPad iPhone空き容量を増やすには、ネットからいろいろな対処法があるので、すこし手間かかるがやればできる。一方、このような手間をかけないために、iTunes経由でiOS12をアップデートしても良い。
★端末を電源に接続
iOSのアップデートは基本的にはかなり時間がかかる。アップデート途中でバッテリーが切れて電源が落ちてしまうとアップデートに失敗してしまい、最初からやり直さないといけない。最悪の場合、そのまま故障してiPod iPad iPhoneが起動しなくなることもあり得る。なので、iOSをアップデートをする際は必ずiPod iPad iPhoneを充電しながら行い、途中で電源が落ちないようにしよう。
★端末をWi-Fiと接続
3G/4Gではなく、Wi-Fiと接続する理由は何か。実に、そもそも4G限定は出来ない。4Gでできるとしても、かなりの通信量を使ってしまう。それに、…