投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

新型iPad Pro(2018)発売日、価格、スペック(機能)まとめ

イメージ
新型iPad Pro(iPad Pro 3仮称)は現行iPadモデルより大きな進化を遂げるようで、iPhone Xで搭載しているFace ID顔認証機能、TrueDepthカメラシステム、USB-C経由で4K HDRの 外部ディスプレイ出力などの最新機能を採用する見込み。 ディスプレイに関しては、新型iPad ProではAMOLED(有機ELディスプレイの一種)ディスプレイか、ベゼルレスディスプレイを採用し、今までのiPadシリーズモデルと変わり、フォームファクタデザインやユーザー操作も一新されると伝えている。 更に、新型iPad2018モデルではAnimoji(アニモジ)も使える。また、2018年に発表される新型iPad Proはホームボタン廃止となる。 ハードウェアに関しては、新型iPad Pro(iPad Pro 3)ではFace ID、A12Xプロセッサ、A12チップ、iOS12.1を導入し、処理速度は12.9インチiPad Proと11インチiPad Proより更に速くなる。更に、ランドスケープ(横置き)モードに対応したFace IDを採用し、Lightningに代えてUSB-Cポートを搭載、様々なオプション機器と接続できる磁気コネクタ、新型Apple Pencilのサポートなど、様々な情報が報じられている。 また、最新情報によると、新型Apple Pencilも準備中で、2018 iPad Pro3とともに登場する見通し。 新型iPad Pro(iPad Pro3)バッテリー持ち時間に関しては、満充電1回で12時間連続使用できるようになる見込み。 更に、2018年のiPad Proの寸法も判明され247.6×178.5×5.9mmになり、イヤホンジャックが取り払われるとも言われている。 項目/機種 11インチ新型iPad Pro(2018) 12.9インチ新型iPad Pro(2018) 発表日 日本時間10月30日 日本時間10月30日 発売日 2018年11月7日発売 2018年11月7日発売 ディスプレイ IPSテクノロジー搭載11インチ、ホームボタンが廃止されるLiquid Retinaディスプレイを搭載 IPSテクノロジー搭載12.9インチ、ホームボタンが廃止されるLiquid Retinaディスプレイを搭載 解像度 2,388 × 1,668ピクセル解…

ユーチューブ代わりになれる動画視聴サイトおすすめ|最新版

イメージ
最近「いつも問題なく再生できるはずのYoutubeは突然、iPhoneで再生出来なくなった」という声が上がる。例えば、iPhoneのSafariやGoogle Chromeブラウザを使ってYouTubeが再生できない話もあれば、YouTubeがiOS 11を搭載したiPhoneで動作しない説もある。YouTubeが見れない原因が様々あるので、ちゃんと原因を確認してから、それに応じて適切な対処法を取れば、YouTubeが見られるようになる。
今回の記事では、誰でもわかりやすくiPhoneでYoutube見れない原因と解決策を詳しく紹介する。

iPhoneYoutubeが見れない原因と対策まとめ
以下の内容は、iPhoneでYoutubeが見れない場合に考えられる原因と対策をご紹介していく。
解決策(一)ネットワーク設定をリセットする
iPhoneが電波の弱いWi-Fiネットワークに接続したり、またはiPhoneがWiFiに接続しているのにインターネットが使えない場合がある。その時、iPhoneでYoutubeが見れないのは当然である。以下は2つの対処法は、ネットワークの問題で起こったiPhone Youtube読み込みエラーを解消する。
方法:iPhone側でWi-Fi をオフにしてからオンにし、再接続する。
方法:iPhoneで「設定」>「一般」>「リセット」から「ネットワーク設定をリセット」をタップして、iPhoneのネットワーク設定をリセットする。リセットを行なった後は、Wi-Fiを再度設定しよう。

解決策(二)Bluetoothをオフにする
SafariやChrome等のブラウザでYouTubeが見れないなら、Bluetoothをオフしただけで問題を解決する時がある。iOS 10以前では、コントロールセンターを開いて、Bluetoothボタンをタップすると、Bluetoothの機能全体のオン/オフを切り替えることができた。iOS 11の場合、Bluetoothをオフにするには、「設定」>「Bluetooth」の順に選択して、「Bluetooth」をオフにする。
解決策(三)YouTubeアプリ/Safariキャッシュを消去する
Safariで見れないにも、YouTubeアプリで見れないにも関わらず、キャッシュのクリアをお試しください。
Youtube見れない…

新型アイフォンにユーチューブを保存・再生できない時の対処方法

イメージ
最近「いつも問題なく再生できるはずのYoutubeは突然、iPhoneで再生出来なくなった」という声が上がる。例えば、iPhoneのSafariやGoogle Chromeブラウザを使ってYouTubeが再生できない話もあれば、YouTubeがiOS 11を搭載したiPhoneで動作しない説もある。YouTubeが見れない原因が様々あるので、ちゃんと原因を確認してから、それに応じて適切な対処法を取れば、YouTubeが見られるようになる。
今回の記事では、誰でもわかりやすくiPhoneでYoutube見れない原因と解決策を詳しく紹介する。

iPhoneYoutubeが見れない原因と対策まとめ
以下の内容は、iPhoneでYoutubeが見れない場合に考えられる原因と対策をご紹介していく。
解決策(一)ネットワーク設定をリセットする
iPhoneが電波の弱いWi-Fiネットワークに接続したり、またはiPhoneがWiFiに接続しているのにインターネットが使えない場合がある。その時、iPhoneでYoutubeが見れないのは当然である。以下は2つの対処法は、ネットワークの問題で起こったiPhone Youtube読み込みエラーを解消する。
方法:iPhone側でWi-Fi をオフにしてからオンにし、再接続する。
方法:iPhoneで「設定」>「一般」>「リセット」から「ネットワーク設定をリセット」をタップして、iPhoneのネットワーク設定をリセットする。リセットを行なった後は、Wi-Fiを再度設定しよう。

解決策(二)Bluetoothをオフにする
SafariやChrome等のブラウザでYouTubeが見れないなら、Bluetoothをオフしただけで問題を解決する時がある。iOS 10以前では、コントロールセンターを開いて、Bluetoothボタンをタップすると、Bluetoothの機能全体のオン/オフを切り替えることができた。iOS 11の場合、Bluetoothをオフにするには、「設定」>「Bluetooth」の順に選択して、「Bluetooth」をオフにする。
解決策(三)YouTubeアプリ/Safariキャッシュを消去する
Safariで見れないにも、YouTubeアプリで見れないにも関わらず、キャッシュのクリアをお試しください。
Youtube見れない…