DVDコピーガード解除できない時の対処方法及びコピーガード付きDVDコピーソフトおすすめ



コピーガードとは、BDやDVDやVHSなど映像メディアや、CDやMDなどの音楽メディア、その他、パソコンソフトやゲームソフトなど各種メディアにおける無断複製を防止するため、著作権者が自ら、その著作物が複製出来なくなるように処理すること。つまり、直接にコピーガード付きDVDからデータを吸い出すのは無理。いま、活躍しているDVDコピーガードはDVD CSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projection DRMなどである。それらのコピーガードはどのように働いてDVDのコピーを防止するか。またそれらのコピーガードを解除する方法があるか。さて、今回の記事では、コピーガードを解除に悩んでいる人に向け、DVDコピーガードについて知るべき知識から、楽々でWindows&MacでDVDコピーガードを解除する方法まで詳しく解説する!【記事全文はこちら>>
2017年まで各種DVDコピーガード及び対応可能ソフト一覧:
コピーガード:DVD CSS
【概要】:(Content Scramble System)、映像コンテンツを暗号化し、その暗号鍵を複製できないエリアに記録するもので、これが施されたソフトはパソコンなどで単純にコピーしても暗号鍵自体は複製できないため再生できない。現在市販されているDVD-Videoには、ほとんどがこのCCSコピーガードがかけられているといってもよいだろう。
【参考情報】:DVD Shrink、DVD DecrypterでCSSコピーガード付きDVDをコピーする時、CSSエラーが出てくる。なかなかDVDコピーできない。
【このコピーガード解除可能なソフト】:DVDFab Decrypter、Handbrake、Mac The Ripper、DVDFab、MacX DVD Ripper Pro
コピーガード:リージョンコード
【概要】:DVD-Videoの再生可能地域を限定するコード。ディスクとプレーヤの両方がそれぞれ固有のコードを持って、両者のコードが一致しないと再生できない。
【参考情報】:アメリカで購入したDVDのリージョンコードは「1」、日本国内で販売されているDVDプレーヤ・DVDドライブのリージョンコードは「2」である。リージョンコードが一致しないので、再生できない。
【このコピーガード解除可能なソフト】:DVDFab Decrypter、Mac The Ripper、DVDFab、MacX DVD Ripper Pro
コピーガード:RCE
【概要】:DVD-Videoの再生可能地域を限定するコード。ディスクとプレーヤの両方がそれぞれ固有のコードを持って、両者のコードが一致しないと再生できない。
【参考情報】:一般的に言えば、リージョンフリーのプレイヤーでリージョン1~6全てのDVDが再生可能だが、RCEが付いたら、リージョンフリーのプレイヤーで再生しても、再生できない旨のメッセージのみでディスクが再生できないようにしたものである。
【このコピーガード解除可能なソフト】:DVDFab Decrypter、Mac The Ripper、MacX DVD Ripper Pro
コピーガード:ソニーArccOS
【概要】:当コピープロテクトが施されたDVDの中身を確認すると、非参照素材に怪しげなタイトルが存在し、再生すると「ジャンピングボーイ」と呼ばれるムービーが表示される。ディズニー、ピクサー系が多く採用する。
【参考情報】:ソニー独自のDVDコピーガード技術。通常の再生時に不具合を起こす場合もあり、使われなくなる傾向がある。
【このコピーガード解除可能なソフト】:DVDFab Decrypter、Mac The Ripper、MacX DVD Ripper Pro
コピーガード:UOPs
【概要】:(User Opertion Prohobitions)DVDの市販メーカー側よる禁止操作など、特定の操作を禁止するDVDコピーガード。
【参考情報】:DVD冒頭のロゴ・コマーシャル等々、ユーザーが操作・スキップ・早送り不能な部分に利用されている。
【このコピーガード解除可能なソフト】:DVDFab Decrypter、DVD Decrypter、DVD Shrink、MacX DVD Ripper Pro
コピーガード:容量偽装
【概要】:2013年に広まった!容量を偽装したコピーガードである。DVDの中にダミーのファイルをたくさん埋め込み、容量自体を偽装するということである。8GバイトほどのDVDなのに、PCでは60Gバイトと誤認識してしまう。
【参考情報】:2013年に登場し始めた新種のコピーガードのため、 その前、開発がすでに終了しているリッピングソフトで、容量偽装DVDをコピーしようとしても無理。エラーになってリッピング作業が途中で終了してしまう。
【このコピーガード解除可能なソフト】:DVDFab Decrypter、MacX DVD Ripper Pro
コピーガード:ディズニーX-projection DRM
【概要】:いまもっとも強力なDVDコピーガードと言われる。常に、ディズニーによって配信されたDVDがそのコピーガードに施されることである。
【参考情報】:そのコピーガードがかかっているDVDは99タイトル以上を持っている。その中でただ一つのタイトルは正しい。近年のディズニー、ピクサー系が多く採用して、「DVDFab」を筆頭とする通常なリッピングソフトは全滅した。
【このコピーガード解除可能なソフト】:MacX DVD Ripper Pro
ピックアップ定番DVDコピーソフトを徹底比較
コピーガード解除するには、有料ソフトより、どうしても無料で済ませたくなると思うなら、以下の定番DVDリッピングソフトを利用してみてください。うまくいかない可能性が非常に高くても、たまに無事に行ける。
DVD Shrink (Windows用):DVDコピーソフトと言えば、DVD Shrinkは無視できない。開発が事実終了するとしても、無料ソフトでありながら、プロに負けないほど得意なところがあるので、初登場から、今まで何年が経っても、依然として人気が高い。
不具合:DVD Shrink Macバージョンがなし、Macユーザーにとって損をする。2013以降登場したDVDコピーガードに対応できない。例えば、容量偽装、ディズニーX-projection DRMなど最新コピーガード付きDVDをコピー不可。DVD Shrink使い方>>
Handbrake (Windows&Mac用):オープンソースのHandbrakeはクロスプラットフォームで実行できるとその最大な特徴である。そうでしたら、Windows&Macユーザーとも利用して、DVDをコピーすることができる。そして、最新デバイスiPhone/iPad/Apple TVなど向けの出力プロファイルにも用意してくれる。
不具合:分かりにくいユーザインターフェースで、初心者を苦しめる。コピーガード解除能力は弱い上、安定性も低いものである。うまく動作しない時がよくある。Handbrake使い方>>
DVD Decrypter (Windows用):通常に、DVD Shrinkと連携してDVDをコピー&ライティングするには使われることが多い。DVD Shrinkと同じ、開発が事実的に終了するので、D作業を行う際に、エラーは頻出してしまう。
不具合:DVD Decrypter Macバージョンがなし、Macユーザーにとって損をする。2013以降登場したDVDコピーガードに対応できない。例えば、容量偽装、ディズニーX-projection DRMなど最新DVDコピーガードに手がない。DVD Decrypter使い方>>
MacTheRipper (Mac用):無償で本ソフトを使いたい場合、最新フリー版2.6.6しか利用できない。だが、MacTheRipper 2.6.6がMac OS X 10.6または以前オペレーティングシステムに制限されている。最新OSへアップグレードしたMacでDVDコピーガード解除するには役に立たない。
不具合:MacTheRipper2.6.6以降のバージョンが料金を払わないと使わない。最新Mac OSと互換性が低くて、うまくいかない時が少なくない。MacTheRipper使い方>>
2017年新作コピーガード付きDVDコピー方法の詳細はこちら>>
DRM解除への対処法!無劣化でDRM付き動画を録画しよう
Handbrakeでコピーできない場合の対処法&超簡単DVDコピーガードを外す方法
コピープロテクト外し方!コピーガードキャンセラー比較表 最新決定版
もっと読む

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法