【MacBook Air2018最新情報】2018 MacBook Air新機能・スペック、発売日・価格まとめ



MacBook Air2018いつ発表?
MacBook Airは持ち運びやすく、動作も速く、勝手にファイルを保存でき、AirDrop付きでファイル共有が手軽に行え、iMovieで動画を編集できて、大勢の方々に愛用されている。
最新グーグルやヤフーでは「MacBook Air2018」と検索した人は多くなってきた。更に、ヤフー知恵袋やOKWaveなどの質問サイトでも「MacBook Air2018いつ」「MacBook Air2018出るか」「MacBook Air2018発売日と価格は」とよく聞かれる。そこで今回は、【MacBook Air2018新型モデル】2018 MacBook Air新機能・スペック、発売日・価格などの最新情報についてまとめてみた。

2018 MacBook Air新機能スペック、発売日価格などの最新情報まとめ
モバイルノートパソコンで圧倒的な知名度を誇るのが、MacBook Air である。本体が薄く、価格も手頃で、学生から社会人まで幅広い層に好まれている。MacBook Air2018最新情報によると、MacBook Air新型モデルは2018年6月に開催されるWWDC 2018に合わせて発表される見込み。
Apple側は、2017年に11インチMacBook Airモデルの販売を終了させ、13インチMacBook Airモデルを販売されている。連続稼働時間が最大12時間と長くなり、メモリも8GBを搭載し、処理速度が以前より更に速くなった。更に、13インチMacBook Airモデルでは、従来廃止された拡張端子を復活し、最も便利となる。
そこで、MacBook Air2018モデルは2017年に発売された13インチMacBook Airモデルと比べて、何か進化を遂げる。パフォーマンスや装備がどのように高まるのか。などに興味を持つ人は多いのではないだろうか。以下では、2018 MacBook Air新機能・スペック、MacBook Air2018発売日・価格などの最新情報をまとめてご紹介する。それを参考にしながら、最適なMacBook Air2018を購入する。
MacBook Air2018いつ、リリース日は?
2018年にMacBook Airはリフレッシュが行われている噂があり、MacBook Air2018リリース日に関しては、6月に開催されるWWDC 2018に合わせて発表される見込み。
MacBook Air歴代の発表日(リリース日)
2018年春又は2018年6月発表(Mid 2018)
2017年6月6日発表(Mid 2017)
2015年3月10日発表 (Early 2015)
2014年4月29日発表 (Early 2014)
2013年6月10日発表 (Mid 2013)
2012年6月11日発表 (Mid 2012)
2011年7月20日発表(Mid 2011)
2010年10月20日発表 (Late 2010)
2009年6月9日発表 (Mid 2009)
2008年10月15日発表 (Late 2008)
2008年1月15日発表 (Early 2008)

MacBook Air2018発売日は?
歴代のMacBook Air発売日を見てみると、発表された当日にAppleオンラインストアから販売開始。出荷日は7~10営業日で、だから、MacBook Air2018発売日に関しては、2018年春か6月初旬になる可能性が高い。
2018年6月発売(Mid 2018)
2017年6月6日発売(Mid 2017)
2015年3月10日発売 (Early 2015)
2014年4月29日発売 (Early 2014)
2013年6月11日発売 (Mid 2013)
2012年6月12日発売 (Mid 2012)
2011年7月20日発売 (Mid 2011)
2010年10月21日発売 (Late 2010)
2009年6月9日発売 (Mid 2009)
2008年10月15日発表 (Late 2008)
2008年1月15日発表 (Early 2008)
MacBook Air2018価格はどれぐらいがいい
MacBook AirとMacBook ProとiMacと比べてみると、MacBook Airの価格の安さが魅力である。ノートブックタイプが好きな方にとっては、MacBook Airは最適。MacBook Air2018価格は2017 Macbook Air13インチモデルの価格とほぼ同様で、98,800円(税別)以上となる見込み。
2017 Macbook Air13インチモデル価格(ご参照)
1.8GHzプロセッサ+128GBストレージ:98,800円(税別)
1.8GHzプロセッサ+256GBストレージ:118,800円(税別)
MacBook Air2018新機能|MacBook Air2018モデルスペック、デザインなど
2017 Macbook Air13インチモデルの変更点から見れば、一番注目される所は、CPUの改善だと思う。13インチMacBook AirのCPUを1.8 GHzに変更し、処理速度が更に速くなる。そこで、MacBook Air2018新型モデルはどうなるのか。MacBook Air2018機能はどのように進化を遂げるのか。MacBook Air2018モデルにはE-Inkキーボードを搭載するのか。心配しないで、以下では、MacBook Air2018最新情報|MacBook Air2018新機能、スペック、デザイン、ディスプレイ、CPUなどに関するリーク情報をまとめて紹介する。MacBook Air2018買いたい方は、記事を読みながら、参考にしてみてください。
MacBook Air2018新機能:ディスプレイ
2015年3月に発表されたMacBook AirではRetinaディスプレイではなく、LEDバックライトクリアワイドスクリーンディスプレイを搭載していた。ネットでは、「MacBook AirいつかRetinaディスプレイモデルに進化を遂げるの?」と聞かれる。Retinaディスプレイは、はっきりくっきり見え、目が疲れにくい印象があり、MacBookProではRetinaディスプレイを導入し、MacBook Air2018ディスプレイは前期モデルと同様に、LEDバックライトクリアワイドスクリーンディスプレイを搭載するか、それとも大きな進化を遂げRetinaディスプレイに変身するのか、興味深い。
もし、Retinaディスプレイに変身したら、MacBook Air2018価格も少し高くなるかもしれない。
MacBook Air2018新機能:プロセッサー
MacBook Air2018新型モデルに第7世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Kaby Lake)を導入しパフォーマンスの向上を望む人は多い。だが、新型MacBook Proでは第7世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Kaby Lake)のCPUの改良点を重視していなくて、MacBook Air2018モデルに導入する可能性も低くなる。
一方、MacBook Air2018新型モデルもMacBookに搭載されるIntel Core Mプロセッサーを採用するのも良いだが、そうすればちょっと怪しいだと思う。
MacBook Air2018新機能:USB-Cポート/Thunderboltポート搭載
MacBook Air2018最新情報によると、新型MacBook AirモデルではUSB-Cポート/Thunderboltポートを搭載するようである。「Apple側は2018年よりUSB-C ポートまたは Thunderbolt 3 (USB-C) ポートを搭載するMacbook Airを提供する見込み」と台湾のDigiTimesサイトが報じられている。
この報道を読んでみると、Apple側はUSB Type-Cを採用することが決定されるようで、エイスーステック・コンピューター・インクとヒューレット・パッカードは検討中の状態で、LenovoやAcerやDellはUSB Type-Cの採用に関してはまだ決めていない。
2016 年に発売されたモデルのMacBook ProはThunderbolt 3 (USB-C)ポートを搭載していて、このポートを使って、デバイスやディスプレイを接続し、コンピューターを充電し、接続したデバイスに電力を供給するなど、すべてシンプルでコンパクトなUSB-C コネクタ 1 つだけで賄うことができる。もしMacBook Air2018モデルではThunderbolt 3 (USB-C)ポートを導入したら、もっとも便利となり、それも最大の売りだと思う。

MacBook Air2018新機能:Touch IDForce Touch
Touch IDとForce Touch(感圧タッチ)技術は廃止されていないのなら、次世代のMacBook Air2018モデルに採用されるのは期待大。
最新情報によると、2018Macbook AirモデルではTouch IDと感圧タッチトラックパッドを搭載されるようである。それで、Macのロックを素早く解除したり、Apple IDやApple Payを使ってお買い物するなども指紋で済ませたり、多くのアプリケーションやMacシステムの機能性を高める。
MacBook Air2018新機能:E-Inkキーボード
海外のWSJサイトによると、Appleが開催されるHello againイベントに合わせて、E-Inkディスプレイを採用した新たなキーボードを新型のMacbookに搭載することを計画していて、新型Macbookモデルを2018年に発売することを予定していると伝えている。
2018新型Macbookに採用しようとしているE-Inkキーボードは、Amazonの「Kindle」や楽天の「Kobo」にも採用されている消費電力の少ない「E-Inkディスプレイ」を応用した技術で、キーボードのキーをディスプレイ化したりして、ソフトウェア側で表示を変更でき、ユーザーはお好みによってキーボードの配列や表示を変えたり、コマンドや絵文字などの自由なカスタマイズが可能になる。
MacBook Air2018新機能:メモリとストレージ
MacBook Air2018のメモリとストレージに関しては、様々なリーク情報&噂がある。
MacBook Air2017とほぼ同じ、8GB 1,600MHz LPDDR3オンボードメモリ、及び128GB PCIeベースSSD、256GB PCIeベースSSDストレージを搭載する説がある一方で、ストレージはMacBook Air2017と同じ、MacBook Air2018のメモリは16GBと拡大される情報もある。
確かに、メモリは8GBなら、ちょっとパワー不足だと思い、複数のアプリケーションを起動したり、同時作業をするだけで動作がカクカクしたりアプリケーションが落ちまくったりする。だから、MacBook Air2018発売されたら、最低限メモリ16GBは必要である。
MacBook Air2018新機能:macOS 10.14
MacBook Air2018モデルは2018年6月に発表されたら、動作システムはWWDCに発表されるmacOS 10.14を導入する見込み。
macOS 10.14は、アプリケーションの統合性、操作性などに力を注ぎ、Mac、iPhone、iPadで一つのアプリケーションが横断して起動するようになるかも。
記事全文はこちら>>

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法

DVD Shrink日本語版公開!DVD Shrink日本語化パッチ・インストール手順