iPhoneに保存する音声ファイルを編集(カット・合併・分割など)する方法


iPhoneで曲を結合できるアプリを探しているのか。iPhone音楽を編集・カット・繋げる・テンポを変えるなどができるソフトってあるのか。MP3からiPhone着信音に設定したいのか。もしそうでしたら、下記で紹介されるiPhone音楽編集アプリやソフトウェアは役立てる。どっちでも直感的なデザインを持ち、使いやすくて、機会オンチでもすぐに使いこなせる。

iPhone音楽編集方法おすすめ|MP3音声曲を手軽にカット分割結合できる 
以前は、Apple標準アプリimovieを使ってiPhone音楽を編集したが、imovie本体はビデオ編集アプリで、音楽編集にはちょっと不足がある。だが、使いやすくて安全性も高く、大勢の方々に愛用されている。例えば、imovieを使ってオーディオ取り離し、音楽つなげる、オーディオフェードアウト、途中から曲を入れるなどといった作業が手軽に行える。以下では、imovie代わり、iPhoneで音楽を編集できるアプリケーション及びソフトウェアをまとめてご紹介する。
iPhone音楽編集ソフト:MacX MediaTrans
MacX MediaTransはiPhoneに特化されたソフトウェアで、iPhoneに保存された音楽ファイルをバックアップできるだけではなく、プレイリスト編集、プレイリスト新規作成、プレイリスト削除、アーティスト&アルバム編集、iPhone着信音作成などが無劣化で行える。
その他、iPhone音声編集はもちろん、iTunesから購入したDRM付きコンテンツやiPhone写真、ビデオファイルなどの様々なファイルを自由に編集できる。デザインが直感的で初心者でもすぐに使いこなせる。以下では、iPhone着信音作成方法を例として紹介する。

Step1:まずMacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。ソフトを立ち上げ、USB ケーブルでiPhone/iPad/iPodをMacコンピュータに接続し、認識されたらMacX MediaTransメイン画面が表示される。初めてMacX MediaTransを使う場合は、「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示され、画面指示に従って操作すればいい。
Step2:MacX MediaTransメイン画面の「音声/着信音」ボタン  をクリックする。
Step3:「音声/着信音」画面が表示されたら、左側にある「着信音」⇒「着信音追加」とクリックする。それで、お好きな曲がこのiPhone音声編集ソフトに読み込まれる。
Step4:右上にある「着信音作成」⇒曲を40秒内に切り詰めて、OKをクリックする。
Step5:確認できたら、右下にある「同期」ボタンとクリックする。さき作った曲をiPhone本体に取り込む。「インポート完了」表示が出てきたら、iPhone着信音設定が完了。
Step6:iPhoneのホーム画面の「設定」⇒「サウンド」⇒「着信音」をタップする。初期設定ならマリンバが選択されていて、カスタムで設定したい着信うたをタップする。ここでは曲This is Loveを選択してみた。そこでiPhoneでは個人別に着信音を設定できる。iPhoneのホーム画面の「電話」をタップして連絡先から人物を選んで、着信音をタップする。着信音選択画面でカスタムの中から選ぶ。
iPhone音楽編集ソフト:AudioEditor
AudioEditorはMP3/WAVなどの音声ファイルをトリミングできる音声編集ソフトである。最大な特徴は数多くのオーディオフォーマットにサポートする所。音声トリミングはもちろん、音声分割、音声結合、音声エンコードなどといった作業も手軽に行える。プレイヤーも内蔵し、編集してからすぐに出力ファイルを確認できる。更に、この音声編集ソフトは完全無料で、日本語にも対応し、初心者でもすぐに使いこなせる。ただし、Windowsしか使えない。

Step1:公式サイトからこの音声編集ソフト「AudioEditor」をダウンロード・インストールする。インストールが無事に終わったらソフトウェアを起動する。
Step2:ソフトウェア画面の左側にある「編集方法」から「カット」にチェックを入れ、内蔵プレイヤーではカットする先頭を微調整する。
Step3:後は「0:00:●●」/「0:00:●●」といったボタンをクリックし、カット開始時間とカット終了時間を設定できる。確認したら、「編集開始」ボタンをクリックし、音声カット作業を始める。
Step4:「編集された点」画面が別のウインドウで表示され、カット作業が終わったら「OK」をクリックすればOK。
iPhone音楽編集ソフト:Adobe Premiere Elements 14
Adobe Premiere Elements 14は動画・ビデオ編集ソフトとして有名だが、オーディオ編集(ボリュームレベル調整/オーディオフェードアウト/エフェクト追加など)を行える。機能が非常に豊富で、上級者にはおすすめ。また、音声ファイルのボリュームを調整したい方は、このソフトウェアは最適。

Step1:公式サイトからAdobe Premiere Elements 14をダウンロード・インストールする。
Step2:Adobe Premiere Elements 14を立ち上げ、一番上にある「エキスパート」⇒「エキスパート編集モード」に設定する。
Step3:タイムラインの左上には「オーディオ表示を表示」を選択し、オーディオ編集用タイムライン画面が表示される。タイムライン右側にオーディオメーターが表示され、再生ボタンをクリックしクリップを再生する。
Step4:オーディオメーターが最大値に達したら、クリップのボリュームを下げる必要がある。それで、全般的なボリュームレベルが調整される。
iPhone音楽編集アプリ:Garage Band
Garage Band(ガレージバンド)は、よく知っているiPhone曲編集アプリケーションで、超簡単で音楽を演奏、録音、共有できる。更に、新しいサウンドが配信されたら、より多くの無料音源やループパックを選んでダウンロードしたりして、自由に曲を作れる。
更に、このiPhone音声編集アプリを使って、音声編集はもちろん、音声の分割、音声の結合、MP3に書き出し、曲の好きな部分をアラームにする、音声の長さをカットすることができる。機能が豊富で、無料で使え、本当に素晴らしいアプリケーションだと評価される。
以下では、Garage Band(ガレージバンド)を使って音声の余分な部分をカットする操作手順を解説する。

Step1:まず、App StoreからGarage Band(ガレージバンド)をダウンロード・インストールする。インストールが完了したら、このiPhone曲編集アプリGarage Band(ガレージバンド)を起動する。Finderの中から編集したい音源をドラッグして一つのトラックを作る。
Step2:右下のアイコンをクリックしてAudio Region画面が表示される。
Step3:Audio Regionで分割したい位置へカーソルを移動し、「編集」⇒「分割」をクリックする。色の濃いリージョンの左上「⊿」模様のアイコンをクリックし音を鳴らしみる。
Step4:「編集/Edit」⇒「ループライブラリに追加/Add To Loop library」をクリックする。
Step5:分割した音源ファイルは「ホーム」⇒「ライブラリ」⇒「オーディオ」⇒「Apple Loops」⇒「User Loops」⇒「Single Files」に保存される。先ほど編集した音声ファイルをチェックできる。
iPhone音楽編集アプリ:WavePad音声編集ソフト
WavePad音声編集ソフトは、無料で使えるiPhone音声編集ソフトで、MP3/WAV/WMA/VoX/GSM/real audio/FLAC/OGGなどの音声ファイルに対応し、音楽切り貼り、音楽分割、音声の正規化・増幅、音声抽出、エフェクト追加などが高速・無劣化で行える。
インターフェースが見やすく、ダウンロード・インストールしたら誰でもすぐにiPhoneで音楽を編集できる。

Step1:App StoreからWavePad音声編集ソフトをダウンロードしてインストールする。完了したらWavePad音声編集ソフトを立ち上げ、編集したい音声ファイルをマウスでドラッグして、着信音を作成したい部分を選ぶ。
Step2:Ctrl+Tのショートカットキーを使って必要な部分だけを切り抜く。
Step3:切り取った部分をiPhoneで扱えるフォーマットとして保存する。iPhoneの場合は、.m4rで出力してください。
Step4:「フェードイン」⇒「フェードアウト」のエフェクトを利用すれば、iPhone着信音を作成する作業がもっとスムーズとなる。
iPhone音楽編集アプリ:MultiTrack DAW
MultiTrack DAWは最新テクノロジーを導入し、強力なiPhone曲編集アプリで、出力される音声ファイルが無損失で数多くの方々に利用される。8ステレオ・オーディオ・トラックを装備し、24トラックまで拡張でき、24bit/96kHzに対応したり、USBオーディオインターフェイスを接続することで4chの同時入力や8chの同時入力ができる点が目立つ。読み込める音声ファイルはMP3/AAC/WAV/M4A/Aif。

Step1:App StoreからMultiTrack DAWをダウンロード・インストールする。以下では音楽の拍子/BPM/メトロノームを設定する方法を例として解説する。
Step2:iPhone音声編集アプリMultiTrack DAWを立ち上げ、左上の「0001.1.1.001」と表記された部分をタップしてから、真ん中にポップアップが表示されたら、左向きの△ボタンをタップする。
Step3:そして、左側で拍子を設定できる。2/2、2/4、3/4、4/4、5/4から選択できる。タップして上下にスワイプすると変更できる。
Step4:BPM設定に関しては、Click In Playの左にある「92.0」と書かれた所をタップし上下にスワイプすればBPMを変更できる。最大240.0に変更できる。
Step5:メトロノーム設定に関しては、「Click In Play」か「Click In Rec」をタップすれば良い。「Click In Play」は再生時に設定した拍子とBPMでメトロノーム音を流せるボタン。「Click In Rec」は録音時に設定した拍子とBPMでメトロノーム音を流せるボタン。
iPhone音楽編集アプリ:edjing Mix
edjing Mixは、世界中で数多くの人に利用され、ダウンロード数がNO.1DJアプリケーションである。DJに興味を持つ方は、このiPhone曲編集アプリは一押し。エフェクト、オートミックス、編集、イコライザー、キューの設定などといった機能が豊富で、iPhone DJになりたい方は見逃しないで。

Step1:edjing Mix正式サイトからダウンロード・インストールする。起動したら、ホーム画面には二つのターンテーブルがあり、2曲を同時に流してミックスさせられる。
Step2:曲のテンポが合わない場合は、syncボタンをタップし、2曲のピッチ(BPM)が自動的に合わせられる。
Step3:エフェクト効果を追加したい場合は、edjing Mix画面の左下にあるFXをタップする。そして、エコーやループなどのエフェクト効果が表示され、自由に追加できる。
Step4:edjing Mixは音声を録音できるほか、録音したコンテンツをTwitterやFacebookなどのSNSにシェアできる。
iPhone音楽編集アプリ:Medly
Medlyの最大な特徴は、作曲が手軽に完成できる所。初心者でも作曲を行えるアプリケーション。更に、このiPhone曲編集アプリは、音楽制作においては、新しいアプローチを提案し、ベテランのミュージシャンから音楽を始めたばかりの人まで、誰でも最高の音楽を作れる。使い勝手もよく、作曲家たちにとっては素晴らしいもの。

Step1:まず、この高性能なiPhone作曲アプリをダウンロード・インストールする。アプリを立ち上げる。
Step2:Medlyの設定画面で指定したキーに合った音階を自動で検出してくれるなど、初心者にとっては使いやすい作曲ソフト。
Step3:打ち込んだデータをMIDIファイルにしてメールで送ったりすることができる。
iPhone音楽編集アプリ:ボイスメモ
ボイスメモと言えば、日本人の方々がよく知っているだろう。iPhone標準搭載の簡易録音機能を持つアプリケーションである。iPhoneで音声を録音できるだけではなく、iPhoneで音声を再生・編集・トリミング・削除・共有することも可能。だから、iPhoneで音声を録音し編集したい方は、このアプリケーションは最適。

Step1:App StoreからこのiPhone音声編集アプリケーションをダウンロード・インストールする。インストールが完了した後、起動する。
Step2:ボイスメモを起動して、画面の中央にある赤い○アイコンをタップしiPhoneで音声を録音する。録音を停止する場合は、もう一度この赤い○アイコンをタップすればOK。録音した音声ファオイルを確認する場合は、ボイスメモの左側にある再生マークをアップする。
Step3:録音を終了する場合は、「完了」ボタンをタップし、録音した音声ファイルに名前を付け、保存する。
Step4:先ほど録音したファイルをタップし、「編集」をタップするとiPhone音声編集作業が始まる。
Step5:音声トリミングしたい場合は、画面右側にあるトリミングマークをタップする。画面左右にある赤いトリミングシークバーを移動したら、音声トリミング作業が開始。トリミング部分が確認して終了したい時は、「トリミング」ボタンをタップしファイルを保存する。
iPhone音楽編集アプリ:MP3 Cutter
MP3 Cutterは、名前の通りで曲のカットに特化されるアプリケーションである。音声ファイルの任意①を切り出せたり、大きなオーディオファイルを小さく分割したり、着信音を作成することができる。完全無料で、誰でも使える。だが、英語しか表記されない所が不足。

Step1:App StoreからこのiPhone曲編集アプリMP3 Cutterをダウンロード・インストールする。インストールが完了したら、起動してください。
Step2:アプリケーションの上にある緑色のボタンをタップしiPhoneから編集したい.mp3音声ファイルを選択する。
Step3:そこからカットしたい部分を設定できる。下には再生ボタンがあり、音声ファイルがカットされた後、すぐに確認できる。
【まとめ】使用用途に合わせて最適なiPhone音楽編集を選ぼう
iPhoneで音楽を編集できるソフトウェアやアプリケーションについてまとめてみた。疲れを解消するため音楽を視聴したり、自由に編集する人も多くなってきた。上記で紹介されるiPhone曲編集アプリならではの特徴を持ち、自分の興味やライフスタイルに合わせて最適なものを選んでください。

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法

DVD Shrink日本語版公開!DVD Shrink日本語化パッチ・インストール手順