ブルーレイコピーガードaacsとは、AACSキー、AACS再生できない原因、AACS解除方法


aacs解除2018方法って?
「ブルーレイAACSを解除して、パソコンで再生できる方法ってあるのか」「AACS解除機能を持ちながら、初心者でも操作しやすいソフトウェアってあるのか」「AnyDVD HDでちゃんとAACSを解除できるのか。有料版を購入する価値があるものであるか。」「ブルーレイをパソコンに取り込みたくて、テレビで録画した番組をBlu-rayに焼いてパソコンに取り込むため、AACS解除が必要。AACSコピーガードを解除するにはどうすればいいだろうか。Blu-ray AACS解除はずっと有効であるのか」と質問した人は多い。

aacs解除ソフト、aacs解除方法を分かる前、aacsとは何か?aacs v10/aacs v64知識を了解すべきだと思う。そこで以下では、aacs解除2018|ブルーレイコピーガードaacsに関する知識、AACSコピーガード解除ソフト・aacs再生方法をまとめてみた。
この記事を読めば、初心者でも簡単的でaacsを解除でき、いつでもどこでもAACS付きブルーレイを再生できる。

1)ブルーレイコピーガードaacsに関する知識
AACSはAdvanced Access Content Systemの略称で、コンピュータ・家電メーカーが結成した団体AACS LAが策定した映像コンテンツのコピープロテクト規格。HD DVD・Blu-ray Discの再生専用ディスクと書き込み用ディスクで採用されている。
一言で言えば、AACSは、主にブルーレイに施されているコピープロテクト技術(暗号化技術)のこと。
更に、AACSコピーガードはしばしばバージョンアップすることがあり、2018年にはAACS V101にアップグレードした。だから、AACSコピーガード付きコンテンツを視聴するには、最強なツールを利用する必要がある。

AACS解除前、AACS付きブルーレイを分かっておくべき
■ 市販/レンタルブルーレイにはAACSが掛かられていて、AACS解除ソフトを使わないと、再生はできない;
■ BDレコーダーで録画した番組(地上波・BS・CS等)を焼いたブルーレイ
上記の通り、AACSコピーガードがあるものは主に二つ、自作ブルーレイにはAACSが付いていない。自作ブルーレイの中身は主に.m2tsファイルで、普通のソフトウェア(例えば、VLCなど)を使って再生できる。
AACSの仕組み|AACSキーに関する知識
AACSは「タイトルキー」「メディアキー」「デバイスキー」3つのキーで暗号化されるもので、それぞれ動画コンテンツを復号化する。
タイトルキー」:ブルーレイレコーダー、ブルーレイ再生機器/再生ソフトなどに設定されるもの。
メディアキー」:ブルーレイ自体に暗号化されて記録するもの。
デバイスキー」:ブルーレイ自体に暗号化されて記録するもの。AACSはデバイスキーを1万個ぐらい作り、BD業界に流通させている。更にデバイスキーは永久に使えるものではなく、AACSバージョンが進化すると共に、BD-ROMが市場に流通したら使えなくなる。
 AACSの仕組みはちょっと難しくて、様々なキーがある。AACSのバージョンが更新されることを「感染」と言われる。AACSキーの更新は5年間ほど有効なので、5年が経った後、AACSキーを更新しないと、最新のブルーレイは視聴できなくなる。
2AACS再生できない原因(理由)って
上述した通り、AACSは超強固なブルーレイコピーガードで、バージョンも絶えず更新しつつ、再生ソフトが更新されない場合、ドライブのバージョンが低い場合、利用するAACSキーソフトは古くて、AACS再生ということは無理。

以下では、AACS再生できない原因(理由)についてご紹介する。
■ AACSキー:AACS再生できない主な原因は、AACSキーがない。暗号を解除する鍵がないと再生できない。
■ AACSバージョン:AACSバージョンは絶えず更新中、コンピューターのドライブ機器は最新AACSバージョンになったが、再生ソフトはまだ古いAACSバージョンである場合は、AACS再生できない。ということは、ブルーレイディスク、ドライブ機器、再生ソフト三つのAACSバージョンが同一しないと、AACS再生できない。
■ AACS解除ソフト:お使いのAACS解除ソフトはちゃんとAACSコピーガードを解除できるかご確認ください。無料より有料の方がいいだと思う。MPC-BEでは、AACS付きブルーレイディスクを解除する時、エラーが発生してしまった。
■ お使いの再生ソフト:お使いのAACS再生ソフトは無料なら、基本的に再生できない。技術的保護手段が施されていないブルーレイは無料のメディアプレーヤーで再生できない。
3AACSバージョンを確認する方法
AACSキー、AACS仕組み、AACS再生できない原因を了解した後、AACSバージョンを確認する方法を一緒に見ていこう。ここでは、二つのAACS確認方法を紹介し参考にしてみてください。
ブルーレイディスクを使ってAACSバージョンを確認
Step1:ブルーレイディスクのAACS情報は、「AACS」⇒「MKB_RW.inf」ファイルに記載されている。
Step2:普通のテキストエディタで開くのではなく、BzEditor/ Stirlingバイナリエディタで開く必要がある。ここでは、BzEditorを使って説明する。
Step3:BzEditorバイナリエディタを開き、「MKB_RW.inf」ファイルをドラッグ&ドロップする。0x0008~0x000Bまでの値がAACSバージョンである。

BackupBDAVを使ってAACSバージョンを確認
Step1:BackupBDAVをダウンロードしてZipファイルを解凍する。
Step2:無事に解凍されたら、フォルダの中にはaacskeys.exeがある。そして、このソフトをコマンドプロントから開くとAACSバージョンを表示させることが可能。
Step3:「全てのプログラム」⇒「アクセサリ」からコマンドプロントを起動する。aacskeys.exeのディレクトリ「G:」と入力しEnterキーを押す。
Step4:「G:\>aacskeys h d」と入力してEnterキーを押す。ブルーレイドライブがDの場合は、「G:\>aacskeys d d」と入力する。
Step5:AACSバージョンが表示される。AACS V1と表示されたら、AACSバージョンは1である。
4AACS解除2018ソフト|AACSコピーガード付きものを移動中でも再生できる
以前、AnyDVD HDはAACS解除に特化されるソフトで、2016年2月24日に販売停止されてしまって、AACS解除を行えることは難しくなる。2017年AnyDVD HDがredfoxとして再開されたが、AACS解除力は持っていないようである。

ネットでは、AACS解除2018最新ソフトってあるのかと探している方は多い。そこで今回は、AACSコピーガードを解除でき、いつでもどこでもAACS再生を行えるソフトをランキング形式でまとめてみた。
aacs解除・aacs再生ソフト:DVDFab Passkey for ブルーレイ
【対応OS】:Windows10/8.1/8/7/Vista
【価格】:54.9ドル
【特徴】:
■ 制限なくブルーレイおよび4K Ultra HDブルーレイムービー(Cinavia保護メディアを除く)に自由にアクセスして再生できる。
■ スクリーンパスなどの特定の保護機能を削除できないため、一部の第三者ソフトウェア、AnyDVDなどのBlu-ray ISOファイルやフォルダの再生に関する問題を解決できる。
【使い方】:
Step1:公式サイトにアクセスして、Passkey for Blu-rayの最新版をダウンロードして、インストールする。
Step2:DVDFab Passkeyを起動して、メンバーに登録したメールアドレスとパスワードで認証する。「DVDFab passkeyを起動する」ボタンをクリックする。Passkeyはタスクバーに最小化して、ドライブにディスクがあるかどうかご確認する。
Step3:ブルーレイディスクをドライブに挿入し、読み込んだ後、このAACS解除ソフトは自動的に解析する。解除されたら、インタフェースの右側でタスクの詳細情報が表示される。
Step4:解読タスクが完了された後、解読されたBlu-rayをBlu-rayプレーヤーで再生できる。
aacs解除aacs再生ソフト:Leawo Blu-rayコピー
【対応OS】:Windows 10/macOS High Sierra
【価格】:3885円(年間ライセンス)、8638円(永久ライセンス)
【特徴】:
■ AACS、BD+などのコピーガード付き市販ブルーレイとレンタルブルーレイをコピーできる。
■ BD-25とBD-50の画質を保ちながら1:1の比率でコピーしたり、ISOファイルに作成したり、BD-50からBD-25への圧縮したり、DVDにコピーすることが可能。
■ 三つのブルーレイコピーモードを提供し、手軽にブルーレイをPC、Mac或いはブルーレイディスクにコピーできる。
【使い方】:
Step1公式サイトから最新版のLeawo Blu-rayコピーをダウンロードしてインストールする。インストールが完了した後、ソフトウェアを起動し、コピーしたいブルーレイディスクをドライブに挿入する。
Step2:Leawo Blu-rayコピーのメイン画面から「BD/DVDを追加」をクリックし、「ディスクを追加」で表示されたディスクを選択する。
Step3そして、ブルーレイディスクのリージョンコードを選択する。日本国内の場合は、「A」を選択する。海外の場合は、ブルーレイケースで確認する。
Step4:ブルーレイが読み込んだ後、コピーモードが選択できる。フルムービー、メインムービーとカスタムモードがあり、使用用途に合わせて選択すればOK。
Step5:左下で出力ディスクの種類があり、BD-50ディスクをコピーする場合は、BD-50、BD-25、DVD-9とDVD-5を選択すればOK。BD-25ディスクをコピーする場合は、BD-25、DVD-9とDVD-5を選択する。
Step6:確認したら、右上の「コピー」ボタンをクリックして、コピー設定が表示され、コピー先を選択して後ディスクラベルはお気に入りの文字を入力してください。
Step7:コピー設定が終わったら、下部の「コピー」をクリックすると、ブルーレイのコピー作業はスタート。
aacs解除aacs再生ソフト:Pavtube ByteCopy
【対応OS】:Windows 2003/XP/Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10
【価格】:42ドル
【特徴】:
■ AACS解除はもちろん、自動的にBD+、地域コード、Cinavia、UOP、デジタル著作権管理、高帯域幅デジタルコンテンツ保護およびBD-ROMマーク、MKB61/MKB62暗号化などといったブルーレイコピーガードを解除できる。
■ ブルーレイディスクを読み込める他、DVDディスク、Video_TSフォルダ、IFO/ISOファイルのDVDコンテンツ、や2D/3Dブルーレイディスク/フォルダ/ISOイメージファイルもサポートしている。だが、ソフトウェアは日本語に対応していない点が残念。
【使い方】:
Step1:公式サイトからこのAACS解除ソフトをダウンロードしてインストールする。
Step2:Pavtube ByteCopyを起動して、「File」⇒「Load From Disc」⇒「H:/UP」とクリックしてブルーレイディスクをソフトウェアに読み込ませる。
Step3:読み込んだ後、「出力プロファイル」が表示される。使用用途に合わせて選択する。ここでは「Full Disk Copy」を選択してAACSコピーガードを解除しながら1:1の比率でブルーレイ BD+をコピーする。もしブルーレイをMKVに変換したい場合は、「Lossless MKV Formart」と選択すればOK。
Step4:確認したら「Convert」ボタンをクリックすればOK。ブルーレイコピー作業が完了したら、「Open」ボタンをクリックして出力ファイルをチェックすることが可能。
まとめ
いかがでしたか。今回は、aacs解除2018|ブルーレイコピーガードaacsに関する知識、AACSキー・aacs再生方法について詳しく紹介してみた。
AACSの暗号解除については、2006年12月に海外の掲示板などで報告された。その後、HD DVDタイトル固有のタイトル鍵について、80を越えるタイトルでキー取得が報告されていた。
ご注意:個人に対する罰則はないものの、現状これらのプロテクトを解除して行うブルーレイのコピーは違法。さらに、これらのAACS/BD+/ Cinaviaを解除するソフトや機器を販売・頒布する行為は不正競争防止法違反となり、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金または併科となる。

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法

DVD Shrink日本語版公開!DVD Shrink日本語化パッチ・インストール手順