2015年のMacBook 4種類のモデルの違い&Macを買ったら絶対に入れておきたいソフト

MacBookの購入を検討中の方向けに、2015年版のMacBook ProとMacBook Airどっち?
 
元記事を読む:
http://macxdvd.com/blog/excellent-2015-macbook-air-vs-macbook-pro.htm

WindowsMacの違い:WindowsではなくてMacにする理由
「あ なたはWindows派それともMac派、それぞれのメリットは何?」「高校生活でWindowsかMacどちらがいいだろうか」「Windowsと Macどちらがいいのか、WindowsとMacの違いについて教えてください」と質問した人が多い。確かに、PC検討中の方は、WindowsとMac の区別と各利点と欠点及び特徴をよく分かった上、自分に合ったパソコンを選べるようになる。パソコンの売れ行きはイマイチであるが、Macだけは元気。 Windowsに比べて、新製品の投入サイクルが長くても、なぜこうも人気があるのか。ちょっと不思議だろうね。その理由は以下のとおり:
カッコイイ:Macはその外観もさることながら、OSのデザインや設計など「とても美しい」と感じる部分が多い。細部の完成度が高く、全体から伝わってくる雰囲気まで高級になる。そのデザイン思想が、多くのMacファンが存在する理由。
高い安定性:Mac OSがアップル社が開発しているOS。Macと呼ばれるパソコンのみに搭載されるOS。Mac OSは洗練された直感的な操作性でグラフィック、映像、音楽などの処理に優れていると言われ、特にクリエイターなどに高い人気がある。一方、 Windowsを使っていて、動くはずのハードやソフトが動かないということがよくある。
開発環境としての優秀性:Mac OSとiOSも同じアップル社が開発しているもので、機能や操作方法にも共通する部分が多く、連携の良さもバツグン。調査によると、日本人はiPhone 派である。だから、iPhoneを使っている人は、パソコンはMac。それで、両方を上手く連携させながら使い分けることでより一層便利になるだろう。
だから、ソフトウェア開発者、パソコン初心者、ハードウェアのバーツとか考えるのも面倒な人は、WindowsではなくてMacにするのはおススメ。
MacBookを購入するメリットって何?
大 学新生活を始めるにあたってパソコン選びは重要であるよね。大学の勉強や、プライベートでの写真管理・加工をするならやぱり選択肢はMacだろう。また、 スペック・価格を総合考慮して、個人的にはMacBookは最善の選択肢である。MacBookはOSに縛られず動かせる事、比較的価格が安く、マルチ タッチの操作性などで、非常に人気を持っている。特に大学生にとってはお買い得だと思う。
一方、MacBookには AirやProなどの5種類のモデルがあり、どちらが良いの?と聞くと、人それぞれである。以下では、MacBook ProとMacBook Airの良いところをまとめてみた。初めてMacのパソコンを購入しようと思う人は、ご参考にしてみてください。
【MacBook Pro】:デスクトップ機の性能をノートブックの本体にギュウギュウに詰め込んだモデル。Mac初心者に人気のモデルのようである。CPUは、 MacBook Airより上で、デスクトップ機に近い高速処理、高精細画面、高速大容量ストレージを追求し、デスクトップ機並みの性能と持ち運び可能なサイズという一挙 両得のモデル。
【MacBook Air】:薄くて軽く丈夫でバッテリー持ちが良くて人気のようであるね。11インチと13インチの両モデルがある。画面サイズを気にしない使い方であれ ば、11インチのモデルは魅力である。MacBookモデルの中で、13インチのMacBook Airは、アマゾンのランキングが最も高いモデルである。性能よりも持ち歩きやすさを最優先する人や、高性能なメインマシンを別に持っていて持ち歩き専用 のサブマシンがほしい人などに最適。
MacBook ProMacBook Airの新モデルと旧モデルの各種性能比較
iOS8.2 やApple Watchの発表に伴って、MacBook ProとMacBook Airも地味にアップデートされている。つまり、新型MacBook Pro(Early 2015)と新型MacBook Air(Early 2015)である。ところで、たくさんの人は「MacBook Pro 2015とMacBook Pro 2014の違い」又は「MacBook Air 2015とMacBook Air 2014の違い」は何?と聞くはず。どこか変わったのか、前モデルとの違いを比較した。
MacBook Pro 2015とMacBook Pro 2014の違いについて
アップデートされたのはRetinaディスプレイの13型モデルだけである。15型のモデルは変更が無い。変更点は以下のとおり:

Macbook Pro 2015
Macbook Pro 2014
重量
1.57KG
1.58KG
CPU
intel Core i5 2.7GHz/;intel Core i5 2.7GHz/;intel Core i5 2.9GHz
intel Core i5 2.6GHz/;intel Core i5 2.6GHz/;intel Core i5 2.8GHz
グラフィック
Intel Iris Graphics 6100
Intel Iris Graphics
メモリ
8GB 1,866MHz LPDDR3
8GB 1,600MHz DDR3L
バッテリー
最大10時間
最大9時間
感圧タッチトラックパッド
あり
無し
価格(税込み)
128GB:159,840円;256GB:186,624円;512GB:225,504円
128GB:139,104円;256GB:159,624円;512GB:189,864円

MacBook Air 2015とMacBook Air 2014の違いについて
変更点について、特に目立つところを簡単にまとめるというなる。詳細は下記のとおり。

MacBook Air 2015
MacBook Air 2014
インターフェース
Thunderbolt 2
Thunderbolt
CPU
intel Core i5 1.6GHz
intel Core i5 1.4GHz
グラフィックス
Intel HD Graphics 6000
Intel HD Graphics 5000
バッテリー
最大10時間(iTunesムービー再生時のみ)
最大9時間
ポート数
Thunderbolt 2ポートx 1
Thunderboltポートx 1
価格(税込み)
128GB:111,024円;256GB:136,944円
128GB:95,904円;256GB:117,504円

一 通り眺めてみると、MacBook ProとMacBook Airの変わりは小さいと分かった。でも、旧型と比べて、処理能力が向上していることが明らかである。ということで、2015年のMacBook 4種類のモデル、いわゆる新しいMacBook、新しい13インチMacBook Pro Retina(Early 2015)、2015年版のMacBook Air 11インチ、2015年版のMacBook Air 13インチで、どちらを買うべきか悩んでいる方は少なくないはず。以下では、2015年のMacBook4種類のモデルのスペック・価格・性能の比較表を 作成した。MacBookの購入を考えた際、2015年版のMacBook ProとMacBook Airどっちを買うかと迷っている方や、新型MacBook Air/Proを買うべきかそれとも旧型MacBook Air/Proを安く買うか悩んでいる人は、参考にどうぞ!
2015年のMacBook 4種類のモデルの違い:新型MacBook Pro vs 新型MacBook Air


MacBook Air 2015
MacBook Pro 2015
新しいMacBook 2015
重さ
1.08Kg(11型);1.35Kg(13型)
1.58Kg
920g
サイズ
30×19.2×1.7cm(11型);32.5×22.7×1.7cm(13型)
31.4×21.9×1.8cm
28.05×19.65×1.31cm
画面解像度
1,366 x 768ピクセル(11型);1,440 x 900ピクセル(13型)
2560 x 1600ピクセル
2304 x 1440ピクセル
Retina
PPI
~128ppi(11型);~135ppi(13型)
227ppi~220ppi
226ppi
容量
128GB;256GB;512GB
128GB;256GB;512GB
256GB;512GB
RAM
4GB 1,600MHz LPDDR3オンボードメモリ;(8GBに変更可能)
8GB;16GB
8GB
CPU
1.6GHz2コアIntel Core i5;(Turbo Boost使用時最大2.7GHz);3MB共有L3キャッシュ
2コアCore i5/Core i7;Broadwell-U 28W(~3.1GHz)
2コアCore M;Broadwell-Y 5W(~1.3GHz)
GPU
Intel HD Graphics 6000
Intel Iris Graphics 6100
Intel HD Graphics 5300
グラフィック
Intel HD Graphics 6000
Intel Iris Graphics 6100
Intel HD Graphics 5300
バッテリー容量
38Wh;54Wh
74.9Wh
39.7Wh
電池持ち
最大9時間(11インチ);最大12時間(13インチ)
10時間
9時間
コネクタ
Hunderbolt 2;USB 3.0×2;MagSafe 2(11型);Thunderbolt 2;USB3.0×2;SDXCスロットMagSafe 2(13型)
Thunderbolt 2✕2;HDMI;USB3.0✕2;SDXCスロットMagSafe 2
USB3.1;Type-Cコネクタ;(5Gbps、電源、ディスプレイ兼用)
トラックパッド
(感圧タッチなし)
感圧タッチ機能あり
感圧タッチ機能あり
カラー
アルミ
アルミ
シルバー・ゴールド・スペースグレイ
価格
11 型:10万2800円(1.6GHz i5、4GB、128GB SSD)、12万6800円(1.6GHz i5、4GB、256GB SSD);13型:11万2800円(1.6GHz i5、4GB、128GB SSD);13万6800円 (1.6GHz i5、4GB、256GB SSD)14万8800円(2.7GHz i5、8GB、128GB SSD);17万2800円(2.7GHz i5、8GB、256GB SSD);20万8800円(2.8GHz i5、8GB、512GB SSD)
14万8800円 (1.1 GHz、8 GB、256GB SSD);18万8800円 (1.2 GHz、8 GB、512GB SSD)

「新 型MacBook Pro vs 新型MacBook Air」のスペック比較表を読んだ後、2015年のMacBook 4種類のモデルの違いが大体分かっただろう。ということは、新型MacBook Pro/新型MacBook Airを購入する前に、現行型との違い又はその変更点をチェックした方が良い。重要なのは、自分の使用用途などを考え、自分にふさわしい、自分に合った Macパソコンを選択することである。例えば:使用用途はiTunes(曲多め)、iPhoto、Word、PowerPoint 、メールである場合は、2015年版のMacBook ProとMacBook Airどっちでも良い。携帯性やコストで言えば、2015年版のMacBook Proより2015年版のMacBook Airで、画面の広さや快適さで言えば2015年版のMacBook Proが良い。トータルから見れば、2015年版のMacBook ProとMacBook Airどっちを買うかと迷っている方や、新型MacBook Air/Proを買うべきかそれとも旧型MacBook Air/Proを安く買うか?と迷っている方が、本文を読んだら参考になるかもしれない。
また、MacやiOS機器など所有するApple製品使用者に向け、新しいMacパソコンを買ったら絶対に入れておきたい便利なソフトをご紹介する。特に、DVD鑑賞や動画視聴に深い興味を持っている方はお見逃しなく!
Macを買ったら絶対に入れておきたいソフト:DVDリッピングソフト
フ ローズン、リトル・フォレスト、悪の華、この世の果て、Little Star~KANNA15~、Hi☆sCOOOl!セハガールvol.3などの映画DVDや音楽DVDをお使いのMacにコピーして、観たい時ワンクリッ クするだけで観られる、とても便利。ここでは、DVDをMacにコピーできるソフトMacX DVD Ripper Pro(Win 対応版もあり)を紹介する。300を超える出力プロファイルを内蔵しており、MacBookAir、MacBook Pro、iMac、iMac Retina 5KディスプレイモデルなどのMac関連製品はもちろん、iPhone6/6 Plus/5s/5などのiPhoneモデルや、iPad Air/Air2、iPad mini/mini3、iPod Touch/iPod nano/iPod shuffleなどのiOS機器さえもサポートできる。DVDコピープロテクトを外せる能力があるから、コピー・リッピングできないことはほとんど無し。Macに最適なソフトウェア。
Macを買ったら絶対に入れておきたいソフト:動画編集・ダウンロードソフト
YouTubeから気に入りの動画又はデジタルカメで撮った動画をお使いのMacパソコンに取り入れたいなら、プロな動画ダウンロード変換用ソフトMacX Video Converter Pro(Win 対応版もあり)は役に立てる。ハイビジョンの1080p動画&720p動画のエンコードとデコードを最適化しながら、320+ビデオと50+音声コーデッ クを内蔵し、HD動画・SD動画を相互変換することは勿論、ほかにはYouTube動画ダウンロード機能、動画・YouTube動画をMacやiOS機器 に取り込む機能さえもあり、とても優れた動画ダウンロード変換用ソフトである。更に、多彩な動画編集機能を備え、元の動画のデコーダとエンコードなどのパ ラメータを再設定したり、字幕/ウォーターマークを追加したり、動画から気に入ったクリップを取り出して集めたり、再生中動画を録画キャプチャしたり、 4Kカメラで撮った写真をスライドショーに作成したりできる。Mac初心者でもカンタンに動画編集できる。
まとめ:この二つのソフトウェア は絶えず更新し続け、2015年のMacBook 4種類のモデルの登場に伴って、ソフトウェアの出力プロファイルもすぐに更新し、この四つの新製品に完全対応。それで、DVD映画やYouTube動画を 最新のMac PCに転送し、いつでも鑑賞できる。

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法