音ズレを修正できるソフト登場!動画ファイル音ズレをサクッと直せる

Freemake、AviUtlで音ズレ等はどうしたらいい?音ズレした動画の直し方はこちら
 
元記事を読む:
http://macxdvd.com/blog/excellent-freemake-converter-video-audio-out-of-sync.htm

動画の音ズレにお悩みの方に
Freemake Video Converterによって、ダウンロードした動画又は友達からもらった動画の画と音が微ミョーにズレてしまっている。また、Freemake Video Converter を通して、MOVファイルをDVDに書き込んだが音がずれてしまう。同様にAVIに変換しても音がズレてしまう。そんな経験はあるのか。そのため、音ズレ した動画の直し方は何か?と質問した人は多いだろう。
現時点で、Freemake Video Converterには音ズレに対する対応が無いと言われ、Freemakeの音ズレを補正するには、別のソフトの動画変換をするだけ。どのようなソフト ウェアはいいの?例えば、高い評価された動画編集ソフトAviUtlであっても、出力した後に音割れする。更に音ズレする。そのほか、日本の方に愛用され るHandbrakeも同様。最新版は知らないけど、過去バージョンでiPhone対応の動画をエンコする時、音ズレや音割れする。
Freemake Video Converterの音ズレ対策
音ズレの原因を探究すると、その動画を作った人がエンコードをミスした、又はお使いのパソコンのスペックなど、色々な要因で起きる。ここでは、長年の動画の音ズレにお悩みのあなたに、音ズレを修正できるソフトをおすすめする。
一つは、MacX Video Converter Pro。一般的に動画編集ソフトとして知られているが、編集ソフトというのは編集せずに出力だけすればそのままエンコーダーとして使用できるから。つまり、MacX Video Converter Proは高機能エンコーダーとしても使えるわけである。
もう一つは、Adobe Audition。最高水準の音質を維持しながら、オーディオ制作ワークフローをスピードアップするパワフルなサウンド編集アプリケーション。
本 文では、Freemake Video Converter の音ズレに対して、MacX Video Converter Proという音ズレしない動画編集ソフトをご紹介する。三つのFreemake Video Converterの音ズレ対策について解説する。きっとお役に立つと思う。
この前、お使いのパソコンによって、この音ズレを修正できるソ フトを無料ダウンロードしてインストールしてください。(Macユーザーは、左の「フリーダウンロード」と書かれたボタンをクリック、Windowsユー ザーは、右の「フリーダウンロード」と書かれたボタンをクリックする)。

音ズレした動画の直し方:その1
【パラメーターを設定】

専 門的かつ素晴らしい動画編集ソフトとして、ビデオエンコーダー、オーディオエンコーダー、チャンネル、ビデオビットレート、フレームレート、オーディオ ビットレート、サンプルレート、ビデオ解像度などのパラメーターを定義せきる。それで、ビデオのパフォーマンスを向上させる。
例え ば:AVI(MPEG4)は、サイズを640×480、フレームレートを30fps、MP4(H.264)は、サイズを720×480、フレームレートを 24fps、FLV(H.264)の場合は、サイズを1280×720、フレームレートを25fpsと調整してみてください。
 ステップ1:動画ファイルをインポートするには、ソフトの左上側にある「動画追加」アイコンをクリックするか、ファイルをドラッグ&ドロップするという二つの方法がある。
ステップ2:動画の解像度、フレームレートとビットレートを下げるには、先ずソフト画面にある「設定」マークのボタンを押し、パラメーターを調整できる。
ステップ3:「ブラウザ」をクリックし、出力ファイルの名前や、保存場所を指定する。

音ズレした動画の直し方:その2
【動画形式を変更&不要な部分をカット】
前 述したように、Freemake Video Converterによって、MOVファイルをDVDに書き込んだが音がずれてしまう。同様にAVIに変換しても音がズレてしまう。一体どういうことであ るのか。心配しないで、ここでは、Freemake Video Converterの音ズレ対策その2をご紹介する。ご存じのように、.movの拡張子の付いた動画ファイルはQuickTimeのファイル形式であ る。.aviの拡張子の付いた動画ファイルはWindows標準のファイル形式である。コーデックによる再生トラブルが多い形式。MOVファイル音ズレを 解消したいのなら、MacX Video Converter Proに読み込んだmovファイルをMP4形式(.mp4)で書き出す。AVIファイル音ズレを解消したいのなら、音ズレを修正できるソフトMacX Video Converter Proに読み込んだAVIファイル形式の変更をしたり(例えば:AVIをMP4に変換)、動画の不要な部分をカットしたりして、音ズレが直せる。
ステップ1:動画ファイルをインポートするには、ソフトの左上側にある「動画追加」アイコンをクリックするか、ファイルをドラッグ&ドロップするという二つの方法がある。
ステップ2:出力プロファイルが表示されると、「Macの通常映像」→「MP4動画(MPEG4」→「完了」をクリックする。
ステップ3:「ブラウザ」をクリックし、出力ファイルの名前や、保存場所を指定する。
ス テップ4:「RUN」ボタンを押すと、自動的に変換が行われる。変換の進捗状況が別窓で現れるから、確認することができる。(メモ:83倍以上速いスピー ド且つ無損質で動画をMP4に変換するために、「RUN」ボタンを押す前に、上にある「安全モード」と「高品質エンジン」にチェックを入れておいてくださ い)。

動 画の不要な部分をカットする場合は、先ず、動画ファイルをソフトにインポートする。そして、ソフト画面にある「Edit」アイコンをクリックし、出てきた 画面から「トリミング」をクリックする。そして、左の「トリミング設定起動」にチェックを入れ、開始時間/終了時間を直接設定するか、再生しながらビデオ プレビューウィンドウの下にあるスライドバーを左右にドラッグして、残したい部分が決めったら、「完了」をクリックしてください。後は、「ブラウザ」をク リックし、出力ファイルの名前や、保存場所を指定する。

音ズレした動画の直し方:その3
【映像の分離】

必 要に応じて、この音ズレしない動画編集ソフトを使って、ある動画から音声トラックのみを抽出して、MP3、FLAC(可逆圧縮/ロスレス)、ALAC(可 逆圧縮/ロスレス)、AAC、AC3、WMA、WAV、CAF、OGG、DTS、AIFF、CAF、AUなどの形式にも変換できる。例えば:MP4動画か ら音声トラックを書き出し、MP3として保存する。操作の詳細はこのリンク先をご参照下さい
ステップ1:動画ファイルをインポートするには、ソフトの左上側にある「動画追加」アイコンをクリックするか、ファイルをドラッグ&ドロップするという二つの方法がある。
ステップ2:出力プロファイルが表示されると、「音楽」MP3「完了」をクリックする。
ステップ3:「ブラウザ」をクリックし、出力ファイルの名前や、保存場所を指定する。
ス テップ4:「RUN」ボタンを押すと、自動的に変換が行われる。変換の進捗状況が別窓で現れるから、確認することができる。(メモ:83倍以上速いスピー ド且つ無損質で動画をMP4に変換するために、「RUN」ボタンを押す前に、上にある「安全モード」と「高品質エンジン」にチェックを入れておいてくださ い)。

上記の方法を通して、Freemakeの音ズレを補正することはもちろん、AviUtlやHandbrakeの音ズレもサクッと直せると思う。音ズレした動画の直し方と言えば、やはりこれ。なお、この音ズレを修正できるソフトの詳しい使い方は、このリンク先をクリックして参考にしてください。

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

WinX DVD Author アップデート!ムービーメーカーの動画をDVDに焼ける!