ハッピーハロウィン!おすすめホラー映画Top10(邦画ホラー&洋画ホラー)

記事全文を読む▼
おすすめ洋画ホラー映画&おすすめ邦画ホラー映画のまとめ
「人 は、何故ホラー映画に惹かれるのだろうか。」と聞かれたことはあるという人、少なくないだろうか。時間が空いた夜に、わざわざレンタルショップに行き、ホ ラー映画DVDを借りることや、ホラー映画が恐いと分かっているのに、見たいと思うなどなど。どうして人は、お金を払ってまで怖い思いをしたがるのか。神 経学者の研究により、人間は怖い体験をしたがる理由は、主に「対抗恐怖」(怖いものに直面して、恐怖心を乗り越えようとする心理)という観念に関わる。 「自分は安全な環境にいて、ホラー映画を見ることで危機的な状況を体験し脳が刺激を受け快楽を得られる」(25歳/不動産)、「ホラー映画を観ると、スト レス解消の効果があると思う」(27歳/金融・コンサル)、「人は極限状態に陥った時、どんな行動に出るのか?という視点でホラー映画に惹かれる」(35 歳/医療)、「見たことのないもの興味を持っているからである。今の安穏とした生活を脅かさないで、危険を疑似体験」(29歳/会社員・製造業)など。や はり、危険が魅力なものである。それで、ホラー映画ファンに対して、洋画ホラー映画と邦画ホラー映画、どっちのほうが好きなの。2012年日本は1000 人アンケート調査を行って、結果から見れば洋画派は約54%、邦画派は約46%。以下は、洋画ホラー映画ファンと邦画映画ファン、それぞれの意見をまとめ ていた。一番怖いホラー映画は洋画か、それとも邦画か?
おすすめ洋画ホラー映画ベスト5
トップ1:羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs): ホラー・サスペンスの金字塔とも言える作品。1991年アメリカで公開された後、「原作の本質を継承し、新しいホラー映画の魅力を創造した」と話題になっ た映画である。ホラー・サスペンス映画には珍しく64回アカデミー賞主要5部門全てを総なめにしたほど評価が高い作品。ホプキンスとフォスターの絶妙の役 への嵌り具合、緊張感を保持したまま人間の心理の深みまで感じさせる傑作、思わず見終わった後に2度と見たくなってしまう。これ程までに完成度の高い洋画 ホラー。完成度が高くて素晴らしい、それこそがまさに、名作の証なのではないだろうか。また、羊たちの沈黙で使われている曲はバッハの「ゴールトベルク変 奏曲」の冒頭部分のアリアで、ピアノの音がしみじみに沁みる丁寧な演奏によって、安らかな気分になる癒し効果がある。ハロウィン ホラー映画のおすすめのキャラクターだと思う。
トップ2:レック(REC)レッ ク(REC)はスペイン映画で、公開されてから、大ヒットを記録した。2008年より日本で公開された。2作目があり、「REC/レック」及び「REC/ レック2」とのことである。この作品で描いている人物の心理描写や各所の高度、セリフなどにより、アパートで起こった惨劇の張本人は誰か、感染がどのよう に起きたのかなどが示されている。「REC/レック」ホラー映画の魅力は、謎がとても多いゆえの恐怖感にある。「REC/レック2」は前作よりさらにパ ワーアップ、恐怖密度もさらに濃密になっている。かなり怖くて面白かったゾンビ映画。ホラー映画ファンが、絶対に見逃せないように。RECのエンディング テーマがCARLOS ANN のVUDUで、凄く綺麗でその曲をYouTubeからダウンロードしたい人が沢山いる。
トップ3:シックスセンス(The Sixth Sense): おすすめ洋画ホラー映画第3位はシックス・センスで、アメリカ人気監督ナイト・シャマラン監督の作品。ホラーとしては最大のヒット作とも言える。アカデ ミー賞では5部門にノミネートされ、大きな話題を呼んだ。超常的な題材を扱って、ホラー色より家族愛や夫婦愛などの人間性の描き方や最後のドンデン返し が、魅力である。ディテールの細かい映画で、俳優の素晴らしい演技と相まって、感動的な作品に仕上がっているから、日本人にも馴染深いホラー映画である。 あまりに有名すぎる作品で、複数回の鑑賞にも耐えうる映画の強度。
トップ4:サイレントヒル(Silent Hill): ホラー・アドベンチャー作品で、日本のホラーゲームを基にしてカナダとフランスの合作洋画ホラー映画である。日本では、2006年7月より公開された。 オッパイと雰囲気とロマンをめちゃくちゃ大切にした作品で、ゲームを知らなくても楽しめる。描かれた見事な世界観が現れ、雰囲気を楽しむことを最大の目的 として、再現度がかなり高くて恐怖体験も味わえる。サイレントヒルは観る価値がある。待望の続編「サイレントヒル:リベレーション3D」が2012年に 10月に公開され、去年2月でDVDが発売された。続編は前作で残された謎の解明を含め、アクションが「バイオハザード」に近い作風になっている。劇中曲 のWaiting for youも綺麗で、大人気を集めた。
トップ5:ザ・パージ(The Purge): イーサン・ホーク主演の映画で、2013年全米で一位を記録し、話題を呼んでいる。この洋画ホラー映画は300万ドルの低予算で作られてクリティカルヒッ トを出す。続編も今年より公開され、全世界で1億ドルを超えると目指す。想像を絶する恐怖に見舞われるさまを描いたホラー映画(洋画)。イーサン・ホーク 演技が素晴らしいから楽しみにする。本作は、業界予想の2倍という驚異的な収入を記録した洋画ホラー映画である。2012年のアメリカを舞台に、政府は犯 罪者を一掃するために、年に1度12時間だけ全ての犯罪を合法にする法律を定める。だから、第五番目おすすめ洋画ホラー映画ザ・パージは、この社会の本質 を抉る恐ろしい映画である。だから、それを観てから、人間はガス抜きのためにリンチを容認する社会を目指すのか、それともガスがたまらないために工夫する のかなどいろいろと考えていかなければならない。
(画像をクリックすると、ソフトウェアライセンスコードを無料ゲット)
おすすめ邦画ホラー映画ベスト5
トップ1:リング(Ring): おすすめ邦画ホラー映画の一番目はリングで、鈴木光司の人気ホラー小説を原作とするジャパニーズホラー映画。1998年に公開され、配給収入が10億円を 記録し、大ヒット作となる。邦画ホラー映画の代表作として、原作に忠実していないことで成功している。本作は、特に呪いのビデオをめぐって展開する恐怖を 描いたモダンホラー映画。それに、この邦画ホラー映画には日本映画独特の湿度が感じられ、ジャパニーズホラーの最高峰作品とも言える。視覚的にも精神的に も恐怖感を与える作品で、続編の「らせん」、「リング2」、「リング0 バースディ」も公開されたから、1作目にハマったら続けて観るのが良いかも。主題歌はHIIHのfeels like Heavenで、めちゃくちゃ明るい恋愛ソングである。YouTubeではあるよ。
トップ2:呪怨(THE JUON):1999 年日本で公開された作品で、主に呪われた家をめぐって恐怖をショッキングに描いた作品である。監督は清水祟で、日本製ホラー映画の金字塔である。「呪怨は 逃げたくなるということより恐怖で固まって動けなくなる感じ」「凄まじい恐怖」といった声が相次いでいる。呪怨は日本人が選ぶおすすめ邦画ホラー映画とし て有名で、最初から最後まで楽しいし飽きなくてキャラ設定も独特である。呪怨シリーズが2003年より劇場公開された後、10億円以上の大ヒットを記録し た。その後、呪怨シリーズのハリウッド・リメイク版も全米で興行成績一位を獲得する快挙を成り遂げた。ハロウィン ホラー映画呪怨を見て、最高な雰囲気が出てきて、最高!
トップ3:輪廻: なかなかよくできた清水崇監督のホラー作品。2006年1月7日より全国で公開された。特に輪廻転生を描いて、32年前に起きた無差別殺人事件が映画化さ れることになり、撮影が進むにつれ関係者に襲いかかる恐怖の惨劇を描いたホラー。日常で感じる不快感や不安などの体験を元にして、うまく組み込めれてい る。映画の雰囲気や設定が上手く作りこまれていたこともあって、ホラー映画のハラハラ感はその映画に感じられる。面白いところは、転生した人々によって、 30年前の事件がなぜ再現することになったかというところである。随所で、邦画ホラー映画らしい仕込みがされていて、綺麗に纏まった作品といっても過言で はない。TSUTAYAでも大人気なDVDである。それに、主題歌としても話題を集め、認知度抜群の扇愛奈の1stシングル。オリコンでも大人気曲であ る。
トップ4:黒い家: 心がない人間(サイコパス)を描いた作品で、貴志祐介による日本のホラー小説・ホラー漫画を原作としたジャパニーズホラー映画。本作は、第四回日本ホラー 小説大賞受賞作である。幽霊的・お化け的怖さではなく、人の怖さを見事に表現しているため、視覚的にも精神的にもゾッとする。やはり世の中では一番怖いの は人間という存在である。小説は、結構評価が高いようで、映画でも原作を超えた力がある。特にサイコパス夫婦の俳優の演技は、誰も勝てない。最初から最終 まで終始イライラ。おすすめ邦画ホラー映画として、見る価値は十分あると思う。主題歌はchronopsychology(クロノサイコロジー)で、見た り聴いたり思い出したりお耽美な雰囲気が出てきた。
トップ5:クロユリ団地: クロユリ団地は「リング」「仄暗い水の底から」の中田秀夫のホラー作品である。前田敦子と成宮寛貴が主役を担当し、2013年3月24日開催された第五回 沖縄国際映画祭にて特別招待作品になった。前半の思わせぶりな違和感は上質で、一人で観て色々な登場人物の気持ちを想像してみるほうが楽しめる映画だと思 う。累計ジャンル別レンタルランキング(おすすめ邦画ホラー映画/2002年10月1日~2014年8月15日)は2位で、見事な熱演で全然飽きさせな い。前田敦子さんが演じる主人公・明日香の心の描写がメインになるので、その追い詰められていく姿が見所である。人の心の弱さや脆さなど見事に表現されて いる映画である。ホラー映画ファンにとっては一見の価値アリなので、おすすめする。
関連記事

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法