【Appleニュース】iOS10 iOS9違い、iOS10アップデート方法、iOS10不具合への対策を解説


iOS10いつ解禁されるのか?
Appleは9月7日10時(日本時間8日午前2時)からサンフランシスコでスペシャルイベントを開催し、新型iPhoneや新型Apple Watchなどのお披露目が予想されているほか、6月のWWDCで発表された新OSの詳細も明らかになると思われます。最新ニュースによると、iOS10リリース日は9月7日(現地時間)で、iPhone7/7 Plusと同日ではないでしょうか。スペシャルイベントは今年も公式でストリーミング配信される予定です。どんな発表がされるのか、午前2時からの発表をお楽しみに!
iOS10新機能は?iOS10 iOS9違いはどこ?
「iOS9からiOS10にアップデートすべきか?」「iOS10 iOS9違いはどこ?」「iOS9からどこか進化した?iOS10新機能は何?」とよく聞かれるでしょう。以下ではiOS10新機能をまとめてみます。
iOS10アップデートしたい方は、まずiOS10新機能を分かっておくべきだと思います。
iOS10新機能:
(1)ロック画面、ホーム画面の使い勝手が向上
(2)Siri~開発キット提供開始、サードパーティーアプリと連携可能に
(3)ホーム~ホームオートメーション製品をSiriで音声操作
(4)メッセージ~特殊効果や手書き機能により表現力が向上
(5)写真~忘れてしまった大切な写真を掘り起こす「メモリー」機能
(6)電話~IP電話アプリと連携、留守電のテキスト化、迷惑電話判定機能を搭載
(7)ミュージック~デザイン一新、より直感的に音楽を探せるように改善
(8)QuickType~より高い精度で文章を解析し入力候補を提案
(9)Maps~積極的に目的地を提案、レストランと配車サービスを予約可能
iOS10 iOS9違いはどこ?
(1)対応機種:
iOS9:iPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus;iPad Air 2、iPad Air、iPad 2、iPad 3rd generation、iPad 4th generation、iPad mini 3、iPad mini 2、iPad mini;iPod touch 第5世代;
iOS10:iPhone 5/5c/5s/SE、iPhone 6/6s、iPhone 6 Plus/6s Plus;iPad(第2/3/4世代)、iPad Air/Air 2、iPad mini /2/3/4、iPad Pro;iPod touch(第6世代)
(2)機能方面:
iOS9までは画面を右にスライドすることでパスワード入力画面を表示させることができましたが、iOS10からは画面をスライドすることでパスワード入力画面に移動することはできなくなり、ホームボタンを押すことでパスワード入力画面が表示されロック解除をする仕様に変更されていることが明らかになりました。64bitプロセッサであるA7チップ以降であればグラフィックAPIのMetalを利用することができるなど、iOS10ではiOS9よりもさらに64bitに最適化したOSになっているのかもしれません。
iOS10レビュー:iOS10不具合続出及びその対処方法
メリット:
- 3Dタッチの活用がより大きく広がり、ロック画面から内容を確認できる;
- Apple Musicのデザインがよりシンプルで分かりやすくなった;
- アップル純正の標準アプリの削除が可能で、脱獄を考える必要がない;
- Siri機能が更に拡張、iMessageに強力な機能を多数追加した;
デメリット:
- iPhone 4sとiPad2などがiOS10アップデート対応端末のリストから外れ;
-  機体過熱問題;
-  iOS10バッグでアプリが急に中止したり開けなかったりして、またコンパス機能も使えないという報告がある;
-  iOS10を含めてiOS各バージョンは公開したばかりで必ず流暢さが満足できない。思ったように流暢に動作できないし、前代よりも遅くなる場合もある;

コメント

このブログの人気の投稿

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法

DVD Shrink日本語版公開!DVD Shrink日本語化パッチ・インストール手順

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ