【DVD-RW】DVD-RWとは?DVD-RW意味、特徴、容量、価格、再生環境などを解説


【用語解明】DVD-RWとは?DVD-RW再生環境は?繰り返しDVDならコレ!
 
DVDが大容量、高速転送、低価格などのメリットで多くの人に愛用されている。が、DVD種類に関してあまりわからないので再生、ライティングなどができないこともある。タイプがわからないと「とりあえずDVD-RW」と、よく言われるが、そのDVD-RW とはなにか。
DVD-RWは繰り返しDVDの代表とされ、「DVD Rewritable Disc」の通称であり、DVDの一種である。映画など配布用DVDと違って、DVD-RWは書き直しが可能なディスクである。常に12cm円盤の形で、その上にアモルファス金属材料がかぶっている。金属材料をかぶっている方式によってDVD-RW容量が4種類もあり、一番利用されるのはDVD9である。ほかのDVD種類と比べると、DVD-RWはデータの書き込み、読み取り、消去なども自由にできる上に、DVD-RW再生をサポートするところも多い。
記事全文はこちら>>
DVD-RW容量、価格など特徴:DVD-RW とは最優良選である理由
今自撮ビデオを保存したり、自宅で焼いたりバックアップしたりするには、DVD-RWより良いものがない。繰り返しDVDとする以上に、DVD-RWの特徴でいつも人気一位である。

DVD-RW容量
12cmのDVDと同じく、DVD-RW容量が四つある。片面一層のDVD-RWは4.7GBで、ユーザファイルなどで実に利用できる容量は4.25GB。片面二層なら8.54GBで、両面一層は9.4GBで、両面二層の場合に最大17.08GBの容量が搭載されている。もちろんユーザーファイルと計算方式などで実に利用できる容量も引き下がる。
DVD-RW書き直す回数
DVD-RWは書き直しできるディスクであり、約1000回書き換えできる。ほかのDVD種類は互換性が問題のDVD-RAMを除き、大体1回だけ書ける。独有の金属材料の結晶と非結晶をレーザーで転換する原理を利用してデータの消去もできるので、一週間に1回バックアップすると弱10年使える。そのうちにカビなどなければDVD-RW再生ができる。
DVD-RW価格
もちろん配布用のDVDは一番安いものであるが、DVD-RWもやすい。むしろDVD-RW とはコーストパーフォーマンスが一番のDVDである。1回だけ書けるDVDと比べるとあまり高くないが、1000回も書き直しできる。録画でなくてデータ用繰り返しDVDのDVD-RAMは最大10万回にデータを変更できるが、価格が高めて、互換性も低い。
DVD-RW転送速度
DVD種類に転送速度も違う。DVD-RWの転送速度は平均11Mbpsで、CDの転送速度の約9倍に相当する。USBメモリ棒と比べることができないが、DVDに書いたりデータ変更したり通したりすることが何分間だけで完成できる。また、それは規格的に定めた転送速度であり、生産者や保存状態などによって速度は下がることもある。
DVD-RW利用される場合
元々動画の記録編集用として開発されたDVD-RWは、データ用と録画用両方も人気が集める。繰り返しDVDに安価のタイプとして、DVD-RW容量も大きいので、自宅でデータをバックアップしたりビデオを保存したり、また思い出をDVDに焼いたりする時に用いられる。また、光に壊れにくい特性で今映画などの発行と配布にも利用される。
DVD-RW丈夫さ
DVD-RWもディスクので、折りたりされる点にUSBメモリ棒より弱いが、DVD種類にはとても丈夫のタイプである。比較的にいえば光と酸素に壊れにくいし、カビや傷に強い。また、金属材料のおかげで、DVD-RWは再生中に細かい傷を受けて何回も再生したら読み取りできなくなることも少ない。

DVD-RWファイル保存形式
データ用DVDとされるDVD-RWにはファイルの保存形式はパソコンと同じで、パソコンで順調に認識して利用できる。が、DVD-RW とは動画の記録用DVDので、映画などを保存する時に市販の映画DVDと同じく、拡張性が高いUDFであり、Video_TSフォルダとAudio_TSフォルダで映画・動画を保存している。
DVD-RW再生環境、再生機器と再生失敗の原因ご説明
DVD-RWはWindows、Mac両方で再生でき、今発売されるパソコンとUSBプレイヤーは大体対応できる。が、あまり古い機種が対応できない恐れがある。また、民用のDVDプレイヤーとDVDレコーダーなどにも対応できる。今にしたらDVD-RWの互換性が心配しないで利用できるが、それにしても再生失敗のこともある。原因は大体三つある:
ドライブが対応できない。
ファイル保存形式が違い。
DVDディスクがこわれた。
繰り返しDVDには金属材料なので、再生原理は有機色素と異なっている。今販売中のドライブが両方も対応できるが、いずれの一つだけ対応できるドライブもある。その時にはほかの機器を利用すればいい。また、DVDレコーダーもプレイヤーも買う時に、DVD-RとDVD-RW両方も対応できる機器を買うほうがおすすめ。
パソコンに順調に認識できるがDVDプレイヤーで再生できない場合に、DVD-RWのファイル保存形式がUDFでなくて普通のファイル形式のためである。DVDプレイヤーがそのファイルを認識できないので、DVD-RWの再生は不可能。映画をDVD-RWに保存してDVDプレイヤーで再生したり時にMP4のような動画形式でなくてUDF形式で保存してください。
DVD-RWは比較的に壊れにくいが、あくまでもDVDディスクであり、1000回に至ったりカビと傷があったりしたら再生できなくなる。重要な部分が壊れたら全部再生できないが、場合によって動画の一部だけ再生できなくなる。また、アーティストなど映画情報が保存されるところが壊れても動画が順調に再生できる。一般的には円心の部分は重要で、傷つけないように大事にしてください。

DVD-RWとほかのDVD種類と面々に比較しよう
DVD-RW容量が大きく、値段がやすく、壊れにくいところで愛用されているが、もちろんメリットとともにデメリットもある。
二つだけの繰り返しDVDにはDVD-RWのほうはDVD-RAMよりずっとやすくて互換性が高いが、書き換え回数はDVD-RAMの1%だけである。が、DVD-RWの再生環境と再生機器は多いので、普段に利用するにはDVD-RWで、新機器に重度利用する時にはDVD-RAM。それに大変重要なデータはDVD-RAMで、10万回書き換えても保存できる。また、DVD-RAMに二層ディスクが今商品化されていないので最大9.4GBで容量がDVD-RWより小さい。
繰り返しDVDでないDVD-RのようなDVD種類と比べるとDVD-RW とは圧倒的に勝つ方。光や傷に強いし、書き換えができる。値段は少しだけ高いが、書き換えのニーズがある時に何枚のDVD-RよりDVD-RW一枚はずっとやすい。が、傷に強くさせる金属材料は読みと書きも遅くなり、最高転送速度はDVD-Rの半分だけで、特に両面二層ディスクの場合に転送時間が多い感じがする。今民用DVDはほとんどDVD-RWである。配布用のDVDの場合にDVD-Rが安いし、映画などの編集は不可能でディスク面で保護できるなどの考えでまたDVD-Rを利用している。
DVD規格でないDVDDVD+RWを簡単紹介
DVD RW規格が定めた前の話だったが、今でも混乱しているお方もある。DVD+RWはディスクの形で、DVDに見えるが、実に標準DVDではなく、正式名称は「+RW」である。記録速度はDVD-RWよりはやいが、結局規格争いを負けたので、今対応できる機器はほとんどなくなる。DVD-RWの記録速度も上がった上に、DVD+RWには「1つのファイルは連続した領域のみに記録される」という致命的な欠点が持っている。今DVD+RWはDVDと認可されずに、開発したソニーなど会社でも再生できる機器も販売終了。歴史に沈んたものにすぎない。DVD+RWを再生しようと、ソニーと日立製の2008年前販売された機器を探す。
元記事を読む>>

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法

DVD Shrink日本語版公開!DVD Shrink日本語化パッチ・インストール手順