【機種変更まとめ】iPhone 6とiPhone 6 PlusとiPhone 6sどっち?それぞれのメリット・デメリットをお届け

アップルは新しいアイフォンモデルiPhone 6sを届ける!
元記事を読む
昨 年9月に発売されたiPhone 6/6 Plusは爆発的なヒットを記録して、大成功を果たした。先代モデルと比べると、アップルはデザイン言語を変更したり、サイズを大きくしたりして、多くの ユーザーを魅了してきた。今年、より一段とiPhoneの魅力を高めようと、アップルは新しいiPhoneモデルiPhone 6sを届けるらしい。今、iPhone 6sについての確実な情報公開されていないが、様々な噂も飛び交っている。そして、新モデルと前モデルの比較は恒例となって、注目されている。例えば、 iPhone 6とiPhone 6 Plus とiPhone 6sの違いはどこにあるか。iPhone 6sにはどの程度までの改善が期待できるかなどである。本文は噂で聞いた情報をもとにして、その謎をいちいち解ける。iPhoneのファンなら、ぜひ見逃 さないでください。
iPhone 6iPhone 6 PlusiPhone 6s違いを徹底分析!
デザインとディスプレイ
新 しいiPhone 6sはiPhone 6と同じ解像度の4.7インチディスプレイを搭載するそうである。噂によると、おそらくデザインの変更や改良があまり行われない。ただし、ホームボタンは 従来のデザインをやめて、真新しいデザインを採用するかも。Appleは、iPhoneのホームボタンにゲームコントローラーにみられるジョイスティック 機能を内蔵する特許を取得した。そのため、iPhone6sにはジョイスティックモード搭載する可能性がある。ジョイスティック機能とは何か。通常の状態 ではホームボタンは従来機能のままだが、軽くクリックすると表面部位がポップアップし、親指で操作可能なミニジョイスティックに早変わる。ゲームプレイが 終わったら、また軽く押し戻せば、元のホームボタンに戻るという仕組みのようである。ゲーム好きな方にちょうどいい。
ハードウェアとOS
ハー ドウェアと言えば、最大の違いと改善は、デバイスの動作速度にある。AppleはiPhone 6sに次世代A9チップ搭載が予想されているが、実に、この新モデル最大な改善はRAMそのものである。現行のiPhone 6/6 Plusが搭載するメモリ容量が1GBであるのに対して、iPhone 6s は低消費電力「LPDDR4」規格の2GBメモリを搭載する。そうなると、iPhone 6sはiPhone 6/6 Plusより、メモリ容量が4倍になる。また、iPhone 6sはApple SIM機能を搭載する可能性が高い。ユーザーは自分で使いたいキャリアを自由に選べるのはApple SIM機能最大な特徴である。アメリカではiPad Air2やiPad mini3で標準で同梱されている。
カメラ
Android スマホメーカーは、必死にカメラの改善に取り組んで、最先端技術の導入にチャレンジし続ける。それに対して、iPhoneの カメラあまり変わらない気がする。それに対して、iPhone 6sに搭載されたカメラは一体どんな変化をもたらしてきたかと注目されている。噂によると、iPhone 6sはカメラ性能が大幅に進化するとの予想がある。iPhone4s以降採用されてきた8MPという画素数が一気に12MPまで飛躍するとされている上、 デュアルレンズカメラの搭載や、暗所撮影機能の強化、ピクセル数の増大に合わせてピクセルサイズが減少するという報道もある。とにかく、iPhone6s のカメラ性能は一段とユーザーのニーズを満たしてくれそうである。
バッテリー
iPhoneの強敵であるGalaxyシリーズの新モデルGalaxy S6 edgeでは、「急速充電」と「ワイヤレス充電」という2つの機能を搭載する。ワイヤレス充電はすぐ話題になる。当時、iPhone 6にワイヤレス充電機能を搭載する噂もあるが、iPhone6sかiPhone7くらいでワイヤレス充電が対応する可能性があると言う。そうでしたら、ワイヤレス充電機能はiPhone 6sと従来のiPhoneの主な相違点の一つとなる。
Force Touch
Force Touchとは、タッチインターフェースにおいてタッチの圧力を感知可能とする技術である。実に、既に既存のアップル新しい12インチMacBookとApple Watchに 搭載されている。次期のiPhoneにはForce Touchディスプレイが搭載されるという5月に入って明らかになったアナリスト予測に続くものである。そうなると、iPhoneの画面にキーボードを表 示させて文字を入力するときも、実際にキーを押したようにカチカチと感じ取れるようになり、入力感が非常に快適になると思われる。
iPhone 6とiPhone 6 PlusとiPhone 6sスペック一覧
種別
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6s
サイズ
138.1 x 67 x 6.9 mm158.1 x 77.8 x 7.1 mm- x - x - mm
重さ
129g172 g- g
CPU
1.4GHzデュアルコア
チップセット:A8チップ、64ビットアーキテクチャ
1.4GHzデュアルコア
チップセット:A8チップ、64ビットアーキテクチャ
2.2GHzクアッドコアプロセッサ
RAM容量
1GB1GB2GB
メモリ
内部ストレージ:16/64/128GB
ストレージ拡張機能なし
内部ストレージ:16/64/128GB
ストレージ拡張機能なし
内部ストレージ:32/64GB
128 GBに拡張可能かも
ディスプレイ
4.7インチRetina HD液晶 フルsRGB色域 デュアルドメインピクセルによる視野角向上
過疎密度:326 ppi
5.5インチ Retina HD液晶 フルsRGB色域 デュアルドメインピクセルによる視野角向上
過疎密度:326 ppi
IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)LEDバックライトワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ
過疎密度:326 ppi
カメラ
背面カメラ:1つのLED;オートフォーカス;LEDフラッシュ(デュアルLED);800万画素
前面背面カメラ:120万画素
背面カメラ:1つのLED;光学式手ぶれ補正搭載;オートフォーカス;開口部F2.2、800万画素;
前面背面カメラ:120万画素
背面カメラ:2つのLED;オートフォーカス;デュアルLEDフラッシュ;1200万画素;
前面背面カメラ:200万画素
バッテリー容量
1810mAh(バッテリー交換不可)2915mAh(バッテリー交換不可)2000mAh
    
以上スペック一覧から見れば、最大なiPhone 6とiPhone 6 Plus違いは画面サイズとバッテリー容量のみ。ほかに言うべきことがあまりない。そのため、次期のiPhone、つまりiPhone 6sはiPhone 6と同じ画面サイズを採用して、iPhone 6より内部構成が少し変更すると予想される。
アップルは巨人サムスン及びソニーのモーメントとの戦争が続いている。サムスンはGalaxy S6とGalaxy S6 edge を発売したばかりに、ソニーのXperiaシリーズの新モデルXperia Z4の発売日も近づいているとともに、Xperia Z5の情報もどんどん出てきた。スマートフォン市場の競争が激化している。それに対して、アップルはお客さまに、納得できる手ごろな値段の上、高品質な製品を提供することに迫っている。
【ヒント】iPhone 6s発売日と価格予想
最 近、アップルから新製品発表のプレスイベントを開催する予告はないし、次期のiPhoneについて、公式の情報が出てこない。毎年9月新製 品のリリースを行う恒例によると、iPhone 6sとiPhone 6s Plusは今年の秋に発売開始かもしれない。価格に関しては、いずれもiPhone 6(67,800税別)より少し上回るくらいの価格だろうか?一方、iPhone 6Cの価格はどうなろうか今までよくわからない。iPhone 6より少し安くなるかもしれない。
新しいiPhoneのモデルに関する記事まとめ

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法