【2017年最新版】Mac DVD取り込みを行う時によくあるエラー・不具合及び対処方法まとめ


Mac DVD取り込みを行う時によくあるエラー・不具合

Mac DVDコピー/ Mac DVDリッピング原因を徹底解説してから、お勧めのDVDリッピングソフトでDVDのコピーを取りたくなるんだろう。だが、Mac DVD取り込みを行う時にエラ・不具合が発生してしまう。それはなぜか。原因はDVDコピーガードである。DVDプロテクトは、CSS、CPRM、容量偽装、Cinavia、UOPs、APS、リージョンコード1~6、RCE、ソニーArccOS、ディズニーX-projection DRMなど非常に多くの種類があり、Mac DVD取り込みないことはそのDVD、特にディズニー、ワーナー・ブラザース、パラマウント、ソニー製DVDには何らかのコピーガードがかかっている。例え非常に古くからあるDVDリッピングソフトHandbrake、AnyDVD、DVDShrink、DVD Decrypterであっても下記のDVDコピーガード解除できない。詳しくは下記の通り:
不良セクタ
I/Oエラー
CRC読み込みエラー
Title(s)無しエラー
認識できないエラー
正確なソース見つけない
99つタイトルのDVDコピーエラー
40GB+サイズの動画
ソフトクラッシュ/動作重すぎ
MTRでIFO開けない
音が出ない/音声ノイズ
アクセス制限/禁止
よく見かけるDVDコピーガードについて
以前、短時間で安価に著作物の複製を行える装置が広く一般に普及したことによって世界中で大量の複製された著作物が氾濫するようになってきている。著作権者ら(ディズニー、ワーナー・ブラザース、ソニー、パラマウントなど会社)が著作物の複製を防ぐため、様々なDVDコピーガードという技術的な措置が施される。DVDコピーガードで、PC/Mac DVDコピーやMac DVD作成を行う時、度々トラブル・エラーが発生する。普通は市販DVDやレンタルDVDや購入したDVDにはコピーガードがかかっている。
また、技術の発達により最新DVDコピーガードの種類も沢山増えている。ちょっと古いMac DVDコピーガード解除ソフト又は無料のDVDリッピングソフトはそれら新しいコピーガード解除することができない。特に非常に古くあるからMac DVDコピーガード解除ソフトはDVD読み込めない、DVDコピー途中でエラー、出力されたファイルが再生できない/サイズが圧縮してくれなくて40GB超えなどがある。以下では、今流行っているメジャーなDVDコピーガード種類及びその方式についてご紹介する。
CSS(スクランブル):松下などが開発され、多くの市販・レンタルDVDに施されている一般的なDVD-Videoのコピーガード。DVD-Videoを暗号化し、その暗号鍵をコピーできないエリアに記録するもので、これが施されるソフトはPCなどで単純にコピーしても暗号鍵自体はコピーできないため再生できない。
RCE(リージョンコード):DVDはリージョンコードという地域コードによって、再生を規制する仕組みが盛り込まれている。詳しく言えば、再生したいDVDとプレイヤーのコードが一致しなければ再生することができないということ。
UOPsUser operation prohibitionの略称):DVD冒頭のロゴ・コマーシャル等々、ユーザーが操作・スキップ・早送り不能な部分に利用されている。言い換えれば、DVDの市販メーカー側による禁止操作など、特定の操作を禁止するコピーガードである。
ソニーARccOS:ソニーにより独自に開発された比較的新しいDVDコピーガード技術である。DVDデータに不良セクターを埋め込んだり、Mac DVDコピーを行う時に読み込みエラーを起こすもの。ディズニーやピクサーなどのDVDがよく採用している。それに、ARccOSのバージョンが新しくなる度により強力になっていく特徴がある。
ディズニーX-project DRM:ディズニー系のDVDに施されるDVDコピーガード技術である。通常ディズニーDVDのタイトル数は99つがあり、サイズが40GB/60GB超え。ダミー映像ファイルを沢山埋め込んでいて、容量偽装(ファイルサイズ偽装)と同様の読み込みエラー型。
APSマクロビジョン:Analog Protection Systemの略称。再生映像の画面が明るくなったり暗くなったりと乱れるようにする仕組み。ということは、DVDプレイヤーをビデオデッキなどの録画装置に接続し、DVDの録画画面などにノイズ、雑音を発生させるDVDコピーガード機能である。
Mac DVDコピーガード解除ソフトのオススメは何?
上述していたメジャーなDVDコピーガードを了解してから、手元にあるレンタル・市販DVDをコピー/リッピングしたくなるだろう。だが、コピーガード自体も進化しつつ、著作権の規制でリッピングソフト自体も少なくなっているのが現在のMac DVDリッピングソフトの現状なのである。「上記のDVDコピーガードに対応できるだけではなく、新しいコピーガード解除可能なソフトのオススメって何?」と質問する人はいるだろう。個人的には、「Mac DVDコピー/Mac DVD作成」ことにかけては最高峰のテクノロジーを誇るのがDigiartyが提供するMacX DVD Ripper Proである。2006年に登場して以来、急速にシェアを拡大させているWindows/Mac両用のDVDリッピングソフト。後発という強みを活かし、上記のあらゆるコピーガード解除でき、痒いところまで手が届く機能が多数盛り込まれ、動作も軽く、沢山の方々に愛用されている。
記事全文はコチラ>>

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

WinX DVD Author アップデート!ムービーメーカーの動画をDVDに焼ける!