【速報】iOS 11リーク情報&噂まとめ|iOS 11リリース日、バッテリー、対応機種、最新機能など


次期iOSメジャーアップデート:iOS 11最新情報まとめ

この前、正式版iOS10は現地時間9月13日(火)、日本時間9月14日(水)に発表された。顔認識できる写真アプリ、進化されたキーボード、より知能化されるSiriなどたくさんの新機能が開発され、iOS10にアップしたユーザ体験もいい。で、最近、iOS 11新機能に関するニュースがもうある。iOS 9はユーザを新しいiOSライフに入らせる。そのため、iOS 11はアップル社の超大作と予想しているレポートが多い。皆さんも注目されているiOS 11に関するタイムリーなニュースを見られるため、本文がiOS 11 変更点、新機能、iOS 11 リリース日などのiOS 11最新情報をまとめる。Part 1はiOS 11新機能、iOS 11 追加機能に関するコンテンツ。Part 2はiOS 11 変更点、iOS 11 改善点に関するコンテンツ。 随時更新するから、どうぞ、超大作のiOS 11の最新情報を見逃さないでください~
記事全文はこちら>>
iOS 11最新情報:iOS 11 いつ?iOS 11 リリース日は?

海外レポートにより、6月13日に開催されるWWDC 2017に合わせて、新たなOS、iOS 11が発表される予定。解禁日は2017年9月、iPhone8と同日だと予想される。
iOS 11最新情報:対応機種は?
iPhoneモデル:iPhone 5, iPhone 5c, iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus
iPadモデル:iPad 4, iPad Air 1, iPad Air 2, iPad Pro 9.7-inch, iPad Pro 12.9-inch, iPad mini 2, iPad mini 3, iPad mini 4
iPodモデル:iPod touch第6世代
ということは、上記の機種はiOS 11にアップできる。もちろん、iPad Pro 2とiPhone 8も対応。
iOS 11最新情報:iOS 11新機能、iOS 11 追加機能一覧
バーチャルリアリティ(Virtual Reality :将来の世界ではVRが素敵な先端技術。噂によると、アップルの最強のライバルのグーグルがVR技術を次世代アンドロイド・プラットフォームに搭載するらしい。ライバルに勝つために、VR技術が次世代iOS 11に搭載される可能性が高い。
ダークモード(Dark Mode :夜間には目に優しい機能。ダークモードをONにするとiOS・アプリのテーマカラーが暗色系に切り替わって、画面の眩しさが抑えられるので、もっと快適にスマホを楽しめる。この前、その機能がiOS 10に追加と広く予想されたが、iOS 10に追加しない。でも、ダークモードをiOS 11にするとかなり確信しているレポートが多い。
常時表示(Always On Display :バックライトを使わなくてもそれ自身が発光する有機ELの特長を生かしてスリープ状態で時計やカレンダーを常時表示するAlways On DisplayがiOS 11に導入かもしれない。
ホーム画面へウィジェット(Home screen widgets :カレンダーや次の予定、目覚し時計、メモ、天気予報、ニュース、株価など、自分が入手したい情報を一つの画面でひと目で効率よく確認できるiOS 11新機能。
ビデオの解像度の変更(video resolution changes) :海外からのiOS 11最新情報により、プリインストールされているカメラアプリの機能が更に高機能となる。それはつまり、撮影画像の解像度変更、撮影時のビデオの解像度変更などができる。その iOS 11 追加機能もとても期待している。
通知から直接返信(Direct Reply of Notifications :Appを開けなくても通知から直接返信できることが生活をより簡単にさせる。iMessageの場合、その機能が使えるけど、その機能を強化してiOS 11に搭載するとサービスにも対応できるとは素敵。
コンタクトアベイラビリティステータス(Contact availability status :そのiOS 11新機能を利用すれば、iphoneユーザーは連絡先の会話に利用できるか、彼らがどこにいるかを知る。
スマートWi-Fi Smart Wi-Fi :iOS 11最新情報によると、その機能はユーザのいる場所によって、自動的にWi-FiをON/OFFできる機能。その機能はWi-Fiを利用できる場所を覚えて、その場所に入る時、Wi-Fiが自動的にONになり、その場所から離れると、Wi-Fiが自動的にOFFになり、バッテリーの省電力化をできる。
スマートスリープ(Smart Sleep :歌が好きなユーザのために、スマートスリープ歌詞をサポート、等化器をサポートするスマートスリープというiOS 11新機能を開発かもしれない。
バックグラウンドのアプリの一発終了(Clear all background apps :次期のiOS 11では、「全て終了」というiOS 11 追加機能が追加される見込みである。タップするだけで、全てのバックグラウンドアプリを終了することができる。
関連記事
【iOS最新情報】現状からどう進化するのか?新たなiOS11の新機能まとめ
iOS 11最新情報:iOS 11 変更点、iOS 11 改善点一覧
より安全なApple Pay(Safe Apple Pay) :Apple Payとは、アップルの電子財布及び非接触型決済サービスである。でも、その電子財布は100%安全ではない。Apple Payユーザがハッカーに信用とデビットカード情報を盗まれたこともある。そのため、Apple Payの安全性が向上するiOS 11を期待している。
メールアプリ機能の改善(Improved Mail app :通知機能の使いやすさ、メールの見やすさ、独自機能などの改善が施される。
グループメッセージ(Grouped notifications :メッセージ機能がもっと知能的になる可能性が高いと言われる。送信元と送信先の設定内容、ネットワーク接続、通信プランに基づいて、グループメッセージの種類、送信コンテンツを自動的に選択し、アプリの連携でメッセージを送受信することができる。
カメラAPI認識(Camera API Recognition :iOS 11最新情報により、iOSのCore Image APIがアップデートされ、iOSで簡単にカメラを扱うことがもっと簡単になれる。
より良いバッテリーの管理機能(Better Battery Management):今まで全てのiPhone(iPhone7/ Plusを含み)のバッテリー容量が全部3000mAh未満。iPhoneのバッテリーの使用時間を向上させたいユーザもたくさん。次期iOS 11ではより良いバッテリー管理の設定仮眠モードなどを開発するかもしれない。
より知能化されるSiriBetter Siri :前のiOSのコントロールセンター と比べて、iOS 10のがもうより柔軟になるが、アンドロイドと比べてはまだまだだ。例えば、コントロールセンターに位置情報のON、OFFの項目が無い。だから、次期iOSアップデート、iOS 11ではここが改善される可能性が高いと言われる。自由にコントロールセンターをカスタマイズすることができる。
より自由なコントロールセンター(Control Center :前のiOSのコントロールセンター と比べて、iOS 10のがもうより柔軟になるが、アンドロイドと比べてはまだまだだ。例えば、コントロールセンターに位置情報のON、OFFの項目が無い。そのため、次期iOSアップデート、iOS 11ではここが改善される可能性が高いと言われる。もっと自由にコントロールセンターをカスタマイズすることができる。
ほかのiOS 11新機能一覧
●家族がicloudアカウントを共有
●一つのデバイスで複数の指紋認証「Touch ID」を追加
●もっとコントロールやすいiCloudインタフェース
本文はiOS 11 いつ公開、新機能、iOS 11 変更点、改善点などのニュースをまとめた。今日のiOS 11の最新情報に関する記事はこれで一段落した。これから、なんにか新しいiOS 11新機能などに関する情報が出てくるなら、すぐ本ページを更新しているから、皆さんはぜひ本文に引続き注目して、最新のiOS 11ニュースをキャッチしよう!

関連記事
iOS10特集:iOS10不具合・エラー・トラブルと解決策まとめ>>
iOS10ダウングレードしたい?iOS10からiOS9に戻す方法のご紹介
アップすべき?iOS 10不具合とiOS10デメリット及び対応策を紹介

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

WinX DVD Author アップデート!ムービーメーカーの動画をDVDに焼ける!