日本でDVDコピー 違法?罰則は?合法DVDコピー方法がある?詳細解説!



日常生活の中でDVDをコピーしたいことがよくあるね。以前なら、リッピングしたデータを拡散しない限り、私的利用の範囲内で行われるのであれば、違法問題はなかったと思う。でも、2012年10月1日に改正著作権の一部が施行され、私的利用の範囲であったとしても「コピーガードを技術的に回避してからのコピー作成」は違法となった。

私的利用の範囲でDVDコピー 違法といっても、微妙なところがある。つまり、私的利用の範囲でDVDをコピーしても違法とならない場合もある。で、DVDコピーは100%違法になるか?どんな場合でDVDをコピーしても違法とならないか?DVDをコピーして違法になれば、必ず罰を受けるか?DVD コピー 合法的な方法があるか?
さて、本記事ではこれらの問題について詳しく解説する。
一、DVDコピーは100%違法になるか?どんな場合でDVDをコピーしても違法とならないか
実は、DVDコピー 違法といっても、100%違法じゃない。つまり、DVDをコピーしても違法とならない場合もある。で、これから、DVDをコピーしても違法とならない場合について解説。
  1. 1.      コピーガードがかかっていないDVDなどのコピーリッピング
普通、自作したDVDにはコピーガードがかかっていないね。
例えば、編集した動画や撮影した運動会や結婚式などの動画をDVDに作成する場合、その出来上がったDVDが当然コピーガードなんて施していないので、リッピングしようがコピーしようがなんの問題もない。(もちろん、なんかのために、自作DVDでも、コピーガードがついていることもある。まあ、自分でコピーガードを追加し、DVDコピー 違法にならないので、DVD コピー 合法的だ!)
2. 単にコピーガードを突破するだけ
 条文によると「技術的保護手段を回避しその事を知った上で複製」を行えば、違法となる。つまりただ単に「技術的保護手段を回避」するだけでは違法とはならない。
簡単に言うと、コピーガードを解除した時点では違法ではない。コピーガードを解除して、データを複製すると違法になる。

ご注意:市販やレンタルDVDのコピーガードを直接解除してDVDコピー 違法になるが、そのDVD コピー 違法の罰則が非常に微妙なものとなる。詳細情報は「二」で詳しく解説。
3. コピーガードを解除せずにDVDのコピーを作成
 市販されているDVDにかかっているコピーガードを直接解除してDVDデータをコピーすることは違法になるが、コピーガードを解除せずにDVDをコピーするのは違法にはあたらないと考えられる。
つまり、画像キャプチャが微妙な立ち位置にある。キャプチャーソフトでDVD動画を録画して作成することも違法にならないと考えられる。
ご注意:DVD キャプチャ 違法になるのは100%じゃないけど、キャプチャーしてきた内容があくまで私的使用の範囲で許される事なので、これで複製したDVDを売ったり、誰かにあげたり、ネットにアップしたりするのは厳禁だ。
 二、DVDコピー 違法になれば、必ず罰を受けるか?DVD コピー 違法の罰則についての解説
ほとんど市販されているDVDはコピーガードがかかっている。コピーガードを解除して、市販DVD コピー 合法的なことじゃない。改正著作権により、私的利用の範囲でそれらのコピーガードがかかっているDVDをリッピング・コピーしてパソコン等に保存すると確かに違法となるが、実は、刑事罰なし。ただし、コピーガードを解除する機能のついた装置やソフトやコピーしてきたDVDデータを他人にあげると刑事罰の対象になるかもしれない。刑事罰の対象になると、3年以下の懲役または300万円以下の罰金となってしまうので、ご注意ください。簡単に言えば、ほかの人に共有しない限り、私的利用の範囲で刑事罰はない。
三、まとめ:DVD コピー 合法的な方法があるか?
 1. 【完全シロ】DVDコピー 違法なしで100%合法でDVDをコピーできる場合:
① コピーガードがかかっていないDVDをコピー
自分で作成したDVDが主になっている。 キャプチャ/録画でも、DVDコピーソフトを利用しても、DVD コピー 合法的だ。
②  自分で作成したコピーガードがかかっているDVDをコピーするのも合法的なこと。

 2.【グレー】DVD キャプチャ 違法になるかどうか?あいまいさが残っている

① DVDをテレビで再生しながら, それをホームビデオで撮影する。
② PC内で再生しキャプチャーソフトで全て録画。
ご注意:DVD キャプチャ 違法になるかどうか、まだ確実しないが、あくまで私的使用の範囲で許される。複製したDVDを売ったり、誰かにあげたり、ネットにアップしたりするのは厳禁。
 3.【完全クロ】DVDコピー 違法になる場合
 市販されているDVDをリッピングソフトでコピーガードを解除してコピーするのは確かに違法になる。ただし、
違法になるが、罰則がない場合(参考:https://matome.naver.jp/odai/2143761253234058501
 個人的な利用を目的に行う場合であっても、DVDのコピー防止機能を解除して、自分のパソコンに取り込むこと(いわゆる「DVDリッピング」)は、刑罰の対象ではないが、違法となる。DVD コピー 違法 私的で罰則はない”ということは、「君の行為は違法だけど、逮捕しない」ということ。
 DVDコピーリッピングが違法になり、刑事罰もある場合
 DVD コピー 違法 私的で罰則はないけど、コピーガードを解除してコピーしてきたDVDを売ったり、誰かにあげたり、ネットにアップしたりすると罰を受けるので、ご注意ください。
記事全文を読む>>

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法