DVDをiMac/iMac Proに保存する方法|優れたDVD iMac取り込みソフト


DVDをiMacに取り込めない、iMacでDVDを見れない時の対処方法

Appleは、12月に発売を予告しているiMac Proは、最大18コアのプロセッサ、22テラフロップスのGPUパフォーマンス、高速ストレージと先進的なI/Oを搭載していて、価格は4,999米ドルからの予定である。まったく新しいiMac Proは、美しい27インチRetina 5Kディスプレイ、最大18コアXeonプロセッサを搭載し、最大22テラフロップスのグラフィックス処理が可能なこれまでで最もパワフルなMacであるため、沢山の方々が購入するつもり。
iMac Pro/iMacでDVDを再生するにはどうすればいいだろうか。「iMac Pro/iMacでDVDをコピーする方法が知りたい。以前はWindowsでDVDシュリンクを使ってコピーしていたが、Macでコピーすると、普通のDVDプレーヤーや車のナビなどで観ることができない。何か良い方法はないのか。」「iMac Pro/iMacでDVDを観る方法ってあるのか。Mac初心者でも使いやすいiMac DVDコピーソフトを教えてください」と質問した人は多い。以下では、iMac DVD取り込みソフト、及びiMacでDVDをコピーする方法をご紹介する。

iMac DVDコピーソフトおすすめ|DVDをiMac/iMac Proに取り込む方法
iMac DVD取り込みない、iMacでDVDを見れない、iMac DVD再生できないなどのようなことで困っている方は多いだろう。以下では、使いやすくて高性能なiMac DVDコピーソフトをまとめてご紹介する。
iMac DVDコピーソフト#1:MacX DVD Ripper Pro
MacX DVD Ripper Proは、ほぼ全てのコピーガード(CSS、容量偽装、Cinavia、UOPs、APS、リージョンコード1~6、RCE、ソニーArccOS、ディズニーX-projection DRM、最新アダルト/フィットネス系コピーガード)を解除できる有名なコピーソフトである。

最新のmacOSに対応し、iMac Pro/iMac DVD取り込みは勿論、MacBook/MacBook Air/MacBook ProなどのMacモデル、iPhone7/7 Plus、iPad Pro/Air2/mini4、iPod Touch6/5、Apple TV、iTunes、QuickTime、Final Cut Pro、iMovieなどのApple製品にもサポートしている。
素晴らしいコピー機能があり、たった5分間で無損質でDVDをMPEG2、MKV、ISOイメージファイルにコピーしたり、DVDをMP4, MOV, H.264, M4V, MKV, FLVなどの今流行っているビデオフォーマットに変換できる。いつでもどこでもiMac DVD再生が可能。だが、DVDしか対応できない。
iMac DVDコピーソフト#2:Handbrake
Handbrakeは、ちょっと古くても、定番のDVDリッピングソフトである。DVDやDVDのISOイメージをメディアプレーヤーやPS3/Xbox360/PSP などのゲーム機などで再生できる形式に変換することができる。

WindowsやLinux、macOSで動作でき、Windows PCから新しいiMac Proにしても、使える。最大な特徴は、変換速度が速く、無料で使える点。
だが、トリミングやフィルターを使って映像を調整できるが、クラッシュしたり、音声変換が行わなかったり、MKV/MP4以外の形式への変換ができなかったり、最新OS X/Windowsに対応していない、作業終了後にPCの電源をOFFにする機能は搭載していない、などデメリットがある。
iMac DVDコピーソフト#3:RipIt
MacでDVDをリッピングするならRipItが最強。iMac DVDコピーができる以外、DVD圧縮という機能も装備していて、iTunes、iPod、 iPhone、iPad、AppleTVで再生できるM4Vファイルを作成することが可能。「Compress(圧縮)」をクリックすると、iTunesにエクスポートして、iPod、iPhone、またはiPadに同期できる。

RipItはDVDの中身をハードディスクにコピーしたり、「.DVDmedia」から「VIDEO_TS」を取り出したり、Compressという機能でDVDを圧縮することができる。だから、iMacでDVDを見れないなんてありえない。
CPU使用率が高かったり、動作が重かったり、まだ少し使いにくい印象。DVDコピー機能は素晴らしいけど、出力プロファイルが少なく、最新OS Xに対応していなく、設定を自由に変更できないデメリットがある。
iMac DVDコピーソフト#4:MakeMKV
MakeMKVはDVDをMKVに変換できるDVDリッピングソフトで、iMac DVD取り込みも可能。macOS、Windows、Linuxで動作できる。
DVDディスクだけではなく、ブルーレイのリッピングも行える。iMacでDVDをコピーしたり、HDDへ丸ごとバックアップしたり、必要なファイルだけを選択してMKVに変換することができる。作業時間がドライブの性能によって違い、普通の場合は5分~10分がかかる。
シンプルなインターフェースを持ち、操作が分かりやすく、初心者でもすぐに使いこなせる。残念なのは、MKVフォーマットしか出力できない点。MakeMKVは現在ベータ版で30日間の試用期限があったが、ベータ版の間は「MakeMKVのフォーラム」で随時公開される「current beta key」を登録することで試用期限の延長が可能になる。
iMac DVDコピーソフト#5:VLC
VLCはDVD・CD・VCDなどの再生から、音声や動画の形式を変換するためのソフトウェア。DVDから今流行っているビデオ・オーディオフォーマットに変換し、iMac DVD再生も可能となった。

このソフトの最大なメリットは、DVDのリージョン・フリー化(どの地域番号のDVDでも再生可能)をしてくれるソフトという部分でした。VLCは、DVDを処理できる能力が制限されている内部暗号化を使用してDVDをサポートしていない。コピーガード付きDVDをiMacに取り込む時、NO.1のiMac DVD取り込みソフトをお試し下さい。
Mac標準のアプリで、安定性、信頼性が高い。直感的なデザインで、操作しやすい。iMac DVD再生できない時は、VLCを使ってみてください。
いかがだろうか。それぞれにはメリット・デメリットがあり、最適なiMac DVD取り込みソフトを選ぶ。コピーガード付きDVDをiMacに取り込む場合は、MacX DVD Ripper Pro。無料で普通のDVDディスクをiMac/iMac Proに入れる場合は、Handbrake/VLCを選ぶ。DVDだけではなく、ブルーレイをiMac/iMac Proにコピーする場合は、MakeMKV。速度、DVD圧縮機能に気になる方は、RipItがおすすめ。それらのiMac DVD取り込みソフトを使って、普通のDVDディスクから市販DVDディスクまで、あらゆる種類のDVDををiMac/iMac Proに保存できる。それで、いつでもどこでも、コンピューターに保存している動画ファイルを楽しめる。
TIPSiMac Pro/iMac DVD再生できない時、DVDをiMac Pro/iMacで扱えるビデオフォーマットに変換する方法があったが、アップルDVDプレーヤー/5KPlayer/MPlayer OS X/Macgo Mac Blu-ray Player/Mac Media Player/Mplayerxなどのメディアプレーヤーを使う方法がある。
記事全文はこちら>>

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法