PCなし、iPhoneをポータブルプレーヤーに写し|iPhoneと繋がるDVDドライブおすすめ


近年、iPhoneなどのポータブルデバイスで動画を視聴するのが当たり前となっている。デバイスを持ち運びながら、移動時間中でもお気に入りの動画を視聴できる。ただし、大量の通信量が浪費する。
iPhoneのデータ通信量を節約するために、見逃した動画をツタヤディスク/ゲオ/DMMなどのレンタルサービスからレンタルして、DVDをiPhoneに取り込めばいい。それで、データ通信量を使わずに、いつでもどこでもDVD動画を視聴でき、とても便利だろう。
だが、iPhoneをDVDプレーヤーに変わるには、どうすればいいだろうか。検索してみると、iPhoneをポータブルDVDプレーヤーに写すことができるが、DVDドライブといったものを利用する必要がある。
以下では、2018 iPhone向けDVDドライブをまとめてみて、有線/ワイヤレス両方があり、視聴スタイルに合わせて選択する。それで、外出先・移動中でもお使いのiPhoneでDVDを再生できる。

PC必要なし、iPhoneをポータブルプレーヤーに写し|iPhoneと繋がるDVDドライブおすすめ
PCを使わずに、iPhoneでDVDを再生できる方法と言えば、DVDドライブ(有線LAN/wifi)を利用するのが一般的。iPhone DVDドライブを利用して、場所に縛られなくてiPhoneと無線/有線LANと接続すればレンタルDVDを視聴でき、PCも使わずに設定・操作が非常に簡単。
では、ロジテックDVDドライブを始め、iPhoneをポータブルプレーヤーに写せ、iPhoneと繋がるDVDドライブを厳選してご紹介する。

iPhone DVDドライブ:LDR-PS8WU2BKW
【重量】:1.1kg
【カラー】:黒
【対応機器】:iPhone6s/6s Plus/6/6 Plus/5c/5s/5/4s/4、Nexus/FleaPhone/Xperia Z Ultra/Ascend/Galaxy S5など
【動作環境】:iOSバージョン:5.0.1~8.1、Androidバージョン:2.3~5.0.2;
【タイプ】:外付型Wi-FiポータブルDVDユニット
【リード対応メディア】:DVD-R、DVD-RW、DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DL、DVD-RAM
【公式サイト】:http://dl.logitec.co.jp/index.php?pn=LDR-PS8WU2BKW
【価格】:6,980円
このポータブルiPhoneと繋がるDVDドライブは、Wi-Fiを使ってDVD-Videoを視聴することができる。背面にはPCと接続するためのminiUSBとUSBメモリ等を刺して読み込めるコネクタがついている。接続方法も簡単で、iPhoneからWi-FiでDVDドライブへ接続する設定をして、DVD本体の裏面にSSIDとパスワードが記載されていて、Wi-Fiの設定画面を開きSSIDを選択してパスワードを入力すればOK。
iPhone DVDドライブ:LDRW-PS8WU2PCBK
【重量】:310g
【カラー】:ブラック
【対応機器】:iOS8.0以降のiOS端末/Android4.2.2以上(32bit、64bit)のAndroid端末
【動作環境】:iOS 8.0以降、Android 4.2.2以降
【タイプ】:ワイヤレスDVDドライブ
【リード対応メディア】:レンタルDVD、音楽CD
【公式サイト】:http://www.logitec.co.jp/products/dvd/ldrwps8wu2pcbk/index.php
【価格】:9,800円(税込・送料込)
このiPhone向けDVDドライブとMOVERIOはワイヤレス接続でレンタルDVDを再生できる。スマートグラスでリビングや寝室など、どこでも視聴できる。更に、Wi-Fi接続で、車の中でもお気軽に映画を再生したり、PC不要・ケーブル不要でDVDを再生したり、ワイヤレスDVDプレーヤーになりインターネットを経由しないで映画やドラマなどの様々なコンテンツを見られる。
iPhone DVDドライブ:アイ・オー・データ CDRI-L24I
【重量】:721g
【カラー】:ホワイト
【対応機器】:iPhone X/8/8 Plus/7/7 Plus/SE/6s/6/6 Plus/5s/5c/5、iPad/iPod
【動作環境】:インターネット接続環境が必要
【タイプ】:外付け
【リード対応メディア】:CD-ROM、音楽用CD-R/RW、DVD-R/RW、ライト対応メディアは音楽用CD-R/RW、DVD-R/RW
【公式サイト】:http://www.iodata.jp/product/smartphone/goods/cdri-l24i/index.htm
【価格】:税込12,800円前後
アイ・オー・データ CDRI-L24Iは、PCを使わずにLightningケーブルで接続してiPhoneにDVDを読み込める。更に、このiPhone DVDドライブは、Wi-fi設定もいらず、CDレコとLightningケーブルでiPhoneを接続するだけ。アプリインストール後は都度アプリを立ち上げる必要なく、超簡単で取り込みたいDVD/CDをiPhoneに取り組めるようになった。
iPhone DVDドライブ:ワイヤレスドック APS-WF01J
【重量】:200 g
【カラー】:ホワイト
【対応機器】:iPhone/iPad/iPod touch
【動作環境】:Mac OS X 10.7~macOS High Sierra 10.13、Windows XP~Windows 10
【タイプ】:ワイヤレス
【リード対応メディア】:BD/DVD/CD
【公式サイト】:http://pioneer.jp/pcperipherals/bdd/products/aps_wf01j_2/spec/
【価格】:1万1700円
iPhoneと繋がるDVDドライブであるほかに、BDドライブ/CDドライブとも利用されている。パイオニアのAPS-WF01J-2にはHDDを内蔵しながら、USBポートもあり、ここに接続したUSBメモリーやHDDなどのへ動画を取り込めるという仕組み。それ以外にも、光学ドライブを使った音楽取り込み、USB機器の無線化といった便利な機能を持ち、移動中でも音楽/動画/DVDを鑑賞できる。
iPhone DVDドライブ:DVDミレル
【重量】:約660g
【カラー】:ホワイト
【対応機器】:iOS 8以上、Android4.2.2以上
【動作環境】:インターネット接続環境が必要
【タイプ】:ワイヤレスドライブ
【リード対応メディア】:CD-ROM、DVD-ROM(1層/2層)、DVD-R、CD-R、CD-RW、DVD-RW
【公式サイト】:http://www.iodata.jp/product/smartphone/goods/dvrp-w8ai/spec.htm
【価格】:9,670~13,800円
このiPhoneと繋がるDVDドライブをよく知っているだろう。DVDビデオ再生(デジタル放送を録画したDVD-Rなどを除く)はもちろん、音楽CDをiPhoneにも取り込めるワイヤレスドライブ。最大な特徴は、無線LANを使ってiPhoneと接続することができる所。それで、お風呂に入る時、テレビのなし部屋にいる時、お気に入りのレンタル/市販DVDを視聴できる。
いかがでしたか。iPhoneでオンライン動画を視聴できる時代になったとは言え、DVDドライブと接続して購入したDVDをiPhoneに取り込める。それで、パソコンを要らなくていつでもどこでもDVDディスクを鑑賞できる。
一方、パソコンを使わないメリットがあったものの、本体価格が高く、ディスクを正常に読み込めなく、ディスクを認識できないデメリットがある。
だから、iPhone向けDVDドライブの代わりに、PCを持っている方に対して、DVDドライブではなくソフトウェアの方が便利だと思う。しかし、パソコンを持っていない場合は、やはりiPhoneと繋がるDVDドライブの方がいい。
iPhone DVDドライブ認識できない/iPhone DVDドライブ接続できない時の対処方法
外付けDVDドライブなら、電源ケーブルがあり、サイズも大きく重くて、外出先ではちょっと不便だと思う方はいるだろう。また、最も重要なのは、ドライブヘッドの故障かディスクにはコピーガードがかかっているか、iPhoneではこのDVDドライブ認識できなく、DVDディスクをiPhoneに取り込むことは無理。
以下では、パソコンをお持ちの方に向け、iPhoneにDVDを取り込むソフトウェアをご紹介する。
MacX DVD Ripper Mac Free Editionは優れたDVD取り込みフリーソフトで、CSS、UOP、RCE、リージョンコード、ソニーARccOS、ディズニーX-projection DRM、最新アダルト/フィットネス系コピーガードといったコピーガード付きDVDをサポートし、DVDをiPhoneX/8/7/6s/6/SE/5s/5に取り込めるだけではなく、DVDをMP4、MOV、M4V、H.264、FLV、WMVなどといったフォーマットに変換できる。
更に、Intel QSV/Nvidia/AMDというビデオエンコード専用処理機能、マルチコアプロセッサ、ハイパースレッディング・テクノロジー、インターレース解除などといった先進的な機能を備え、爆速・無劣化でiPhoneにDVDをインポートできる。

Step1:iPhone DVD取り込みフリーソフトMacX DVD Ripper Mac Free Editionをダウンロードしてインストールする。無事にインストールが完了したら、ソフトウェアを立ち上げ、メイン画面にある「DVDディスク」をクリックし、DVDディスクを読み込ませる。DVDがソフトウェアに読み込まれたら、「ソースDVDディスクを選択する」画面が表示され、初期設定では「自動検出」にチェックを入れて、このままで「OK」をクリックする。
※「自動検出」のままでうまくいかない場合、「強制ISOにチェックを入れてもう一度試してみてください。
Step2:出力プロファイル画面が出て、iPhoneにDVDを取り込む場合は、「Appleデバイス」⇒「iPhone動画へ」⇒「iPhone X(H264)」⇒「完了」とクリックする。
Step3:「ブラウザ」をクリックし、出力ファイルの保存先を指定できる。
Step4:確認したら、右下にある「RUN」ボタンをクリックし、DVDをiPhoneに取り込む作業が始まる。iPhone DVD取り込み作業が無事に完了したら、「完了」をクリックし、保存先のフォルダが開いて、すぐに先ほど出力したファイルを確認できる。
【まとめ】
iPhone DVDドライブを利用するメリット:
① 、PC不要
② 、DVDディスクを動画ファイル(iPhoneで扱えるビデオフォーマット)に変換する必要なし
③ 、設定が非常に簡単で、初心者でもすぐに使いこなせる
iPhone DVD取り込みフリーソフトを利用するメリット:
① 、価格(値段)が手頃
② 、ソフトウェアだから、ドライブより故障する可能性が低い
③ 、機能が豊富で、ほぼすべてのDVDディスクをサポートし、iPhone/iPad/iPod/Android端末などといった今流行っているデバイスに出力できる
④ 、出力される映像ファイルの画質・音質がオリジナルと同じで、無劣化で視聴できる

コメント

このブログの人気の投稿

DVD Shrink日本語版公開!DVD Shrink日本語化パッチ・インストール手順

【完全攻略】Javmix.TV安全か?Javmixダウンロード・保存方法&Javmix見れない対策!

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法