iOS vs. Androidの対決:Android 5.0 LollipopとiOS8.1の違いは?

元記事を読む:http://www.macxdvd.com/blog/excellent-android-5-vs-ios-8.htm


iOS vs. Androidの対決:どっちの勝利?

スマホやタブレット端末のセキュリティ対策と言えば、今やAndroidとiOSの時代である。もう一つ注目してはならないモバイルOSがある。それぞれにメリット・デメリットがあるから、セキュリティ対策にもモバイルOSにも注目が集まりがちである。だから、スマートフォンのOSと言えば、アップルのiOSとGoogleのAndroid OSで二極化されている。言い換えれば、Googleが開発した端末用プラットフォーム「Android」搭載のスマートフォンと、アップルのiPhoneは永遠のライバルと言え、両社が日々凌ぎを削り合って世界中でシェアを競っている。それで、「iOS vs. Androidの対決:どっちの勝利?」の議論が盛り上がっている。カンター調査により、単純にシェア争いならば、Android勢が優勢になりつつある。特にスペインではAndroid端末が90.8%を記録するなどで、全地域ではAndroid端末がiPhoneを上回る結果となっていて、iPhoneを製造するアップルのお膝元、アメリカ市場では既にAndroidがiPhoneを抜き去っている。また、調査の中で日本は、iPhoneの販売シェアが健闘を見せており、47.4%のシェアを占めている。最大のライバルと言われるだけあって、それぞれが優れた点を持っているGoogleとapple。でも、目指す先は同じで、「iOS vs. Androidの対決:どっちの勝利?」という勝敗を決めること自体が無意味なものであると思う。確かにiOSとAndroidでは備える機能や画面デザインなどには差があり、今回はiOSとAndroidの違いを理解してから、自分の好みでスマートデバイスのプラットフォームを選択しよう。以下は、Androidの新OS 5.0 LollipopとAppleの新OS 8.1をめぐって、「Android 5.0 Lollipopのメリット・新機能」「iOS8.1のメリット・新機能」「Android OS 5.0対iPhone OS 8.1:Android 5.0 LollipopとiOS8.1の違い」を説明する。下記の記事を参考に、スマートデバイスのOS変更など検討してみてください!

iOS vs. Androidの対決:Android 5.0 Lollipopのメリットvs. iOS8.1のメリット

米Googleは現地時間10月15日、3年ぶりにバージョン番号の最初の数字が上がったアンドロイドOSのメジャーアップデート版となるAndroid 5.0 Lollipop(Android”L”とも呼ばれる)を正式に発表した。2011年秋に登場したAndroid 4.0と比べて、大きな進化を遂げた。画面デザインの刷新、パフォーマンスの大幅向上、新APIの搭載などの機能拡張などという数多く含まれている。新モデルのNexus 6及びタブレット端末Nexus 9は、Android OSの最新バージョンAndroid 5.0 Lollipopを搭載する。2015年初頭より、ソニーモバイルはXperia Z3シリーズとXperia Z2シリーズとXperia ZシリーズへのAndroid 5.0アップデート計画を発表した。先ずは、新機能、改善が含まれた大幅バージョンアップとなっているAndroid 5.0 LollipopとAndroid 4.0の違いを見てみよう!
 
だから、Android 5.0 LollipopとAndroid 4.0の違いは、インタフェースから見れば、主に三つの変更のポイントがある。マテリアルデザインという新たなデザイン方式の導入したこと、ロック画面の通知機能を拡張したこと、ウェブとの親和性を高めたこと。

● Android 5.0 Lollipopのメリット/新機能

  • 画面デザイン:Material design(マテリアルデザイン)を盛り込んだ新コンセプトの画面デザインで、ユーザーインターフェイスを刷新、ユーザーを視覚的にガイドし、自然で継続的な操作性を実現する;
  • 通知機能の拡充:複数のデバイスを結ぶ機能として、Android OSの最新バージョンAndroid 5.0 Lollipopでは通知機能が強化されている。ロック画面の通知が拡張され、ロック解除せずに通知を柔軟にコントロール可能。また、「Head Up」通知機能が新たに実装されるから、フルスクリーンときにはほかのアプリの前面にウインドウ表示されるようになる;
  • 64ビットへの対応:Android OSの最新バージョンAndroid 5.0 LollipopではARM64 と x86-64 の 64bit 命令セットに対応可能。それで、アドレス空間が広がり、パフォーマンスが最大4倍に向上した;
  • ARTランタイムのデフォルト化:Android 4.4の「Dalvik」から「ART」に変更され、ガーベッジコレクションの効率が改善されたほか、開発/デバッグ機能も強化されている。アプリの処理にかかるCPUの利用時間が短縮されていて、バッテリーの消費量も削減することもできる;
  • バッテリーの持ちがよくなった:バッテリー消費量の低下とアプリの最適化に役たつSDKとProject Voltaを導入した。バッテリーの持続時間を最大90分改善すると言われる。Android 4.4と比較して、バッテリーの持続時間は少なくとも改善であることは確かである;
  • ゲーム性能の改善:Android 5.0 Lollipopでは5000以上の新しいAPIが導入される。PC向けのグラフィックス API を利用できるようにする「Android Extension Pack」が提供される;

  • 一方、米Appleは現地時間10月20日、OS X Yosemite 10.10.1と連動する機能のサポートしながら、iCloudフォトライブラリ(ベータ版)など、たくさんの新機能をiOS 8に追加したiOS 8.1の提供を開始した。この前に発生していた画面の回転が機能しなくなる問題、グループメッセージの問題、開封済処理の問題、Bluetoothハンズフリーデバイスに接続できない問題、一部のベースステーションに接続した際に発生するWi-Fiパフォーマンスの問題、Safariでビデオが再生されないことがある問題、他社製キーボードでVoiceOverが機能しない問題などが修正された。以下は、アップデート版のiOS8.1の主な新機能と変更点をまとめた。上述していたiOS8の不具合など、全て修正された。
     


    今回の公開されたiOS8.1アップデートで大きなメリットとしては、様々な不具合を修正することである。今までにないぐらいの高評価である。この表を見てから、たくさんの人はすぐiOS8.1にアップデートしてみるかもしれない。

    ● iOS8.1のメリット/新機能

  • 画面デザイン:直感的に使える洗練されたデザインで、スマートデバイスでのあらゆる体験を目覚しく、しかしあくまで自然なカタチで進化される;
  • カメラロール復活とWi-Fi接続の改善:これまでWi-Fiとの繋がりがすぐ切れたり、めちゃくちゃ遅かったりするような不具合は全部なおった。また、カメラアプリでも削除した写真を復元可能になる;;
  • Apple Pay:iOS8.1ではApple Payに対応することになる。Apple Payは米国のみではりようできるが、日本のiPhoneユーザーにはあんまりメリットはなさそうである。ただ各種改善は実施されていて、iOS8の不具合などで困っているユーザーには待望のアップデートとも言える;
  • メッセージ転送機能:ほかのApple製品(iPadやMacなど)からSMSやMMSのテキストメッセージを送受信でき、前よりもっと便利になった。「設定」→「メッセージ」→「メッセージ転送」という項目から設定を行える;
  • iCloudフォトライブラリ(iCloud Photo Library):撮影したすべての写真とビデオを保存し、お使いのiPhone、iPad、iPod touch上でアクセスできるようにする;
  • 上記の内容を観た後、新OS Android 5.0 LollipopとiOS8.1はどのように変更されたのかが一目瞭然になっているはず。ここでは、「Android OS 5.0対iPhone OS 8.1:Android 5.0 LollipopとiOS8.1の比較」をテーマとして、Android 5.0 LollipopとiOS8.1の共通点及びAndroid 5.0 LollipopとiOS8.1の相違点をご紹介する。ご参考ください。

    Android OS 5.0対iPhone OS 8.1:Android 5.0 LollipopとiOS8.1の比較


    ■ Android 5.0 LollipopとiOS8.1の相違点

  • ロック画面・ホームスクリーン:Android 5.0 LollipopとiOS8.1の違いと言えば、通知機能である。Android 5.0 Lollipopは画面下部の左側に電話アイコンを追加し、追加アプリの通知をロック画面に表示しない設定も可能になっている。アプリごとに通知設定を変更するから、全体的に見やすいと感じる;
  • インタフェース:Android 5.0 LollipopはMaterial Designという新しいデザインを採用し、鮮やかで多彩な色を用い、余白が増えて透明感が一段と増し、画面を操作する時、色が揺れるみたいアニメーション効果がある。それに対して、iOS8.1のインタフェースは相変わらず、セキュリティ・使いやすさを重視した設計し、ホーム画面には思わず試したくなる内蔵アプリケーションが並んでいる。スマートデバイスによって、格納されるアプリ一覧の列数も違う。ホーム画面+ホームメニュー vs. 直感的に使えるホーム画面、どちらが良いか。人それぞれである;
  • ウィジェットの活用性:Android 5.0 LollipopとiOS8.1は通知センターのウィジェットをカスタマイズ可能となっている。しかし、活用性の方面から見れば、Android 5.0はiOS8.1より良いである。自由にホーム画面にお気に入りのウィジェットをカスタマイズする。対して、iOS8.1の新機能ウィジェットは特に通知センターに表示される;全体的に見て、Android 5.0 LollipopはiOS8.1よりインタフェースの操作性は強い。でもAppleもAndroid OSのアイディアを取り入れるようになった;
  • 通知機能:通知機能の差はAndroid 5.0 LollipopとiOS8.1の根本的な違い。Android 5.0 Lollipopの一番的な魅力は、ユーザーにとって重要と思われる通知が優先され、重要性の低い更新情報は下部に表示される通知機能。いままでの表示方式とは正反対である。一方、iOS8.1に用意されている新機能として、通知センターからメッセージの返信が行えるようになっている。だから、二つのOS、それぞれにはメリットがあり、ユーザーのニーズを優先する。ただAndroid 5.0 LollipopはiOS8.1と違い、動画の視聴中やゲームのプレイ中に、電子メール、メッセージ、電話の着信の内容がインタフェースの上部(スクリーン画面)に表示される;
  • 操作性:Android 5.0 LollipopはMaterial Designを採用するだけで、操作性はiOS8.1より使いやすいと感じる。というのは、iOS8.1はiOS7の設計を使い続けるから。誤作動しがちである。それもAndroid 5.0 LollipopとiOS8.1の違いと言える;
  • 連絡先・通信:Android 5.0 Lollipopは直感的なクイックアクセスタブを増加する。お気に入りや頻繁に通話する番号にワンタッチで発信できるほかに、相手のプロファイルの画像も現れる。iOS8.1と比較して、面白いと思う人は少なくない。でも、通信の方面から見れば、iOS8.1はAndroid 5.0 Lollipopより便利だと思う。インスタントホットスポットと呼ばれるコンティニュイティ機能を使って、MacやiPadなどから、iPhoneのインターネット共有を簡単に利用可能;;
  • カメラ:Android 5.0 LollipopでのカメラはRAW現像に対応し、フォーカス、シャッタースピード、ISOをマニュアルで変更することができる。iOS8.1でのカメラは写真アプリにカメラロール及びフォトストリームを追加し、タイムラプスビデオの撮影時に空き容量が少ない時は事前に通知を表示することができる。写真アプリと言えば、個人的はAndroid 5.0 Lollipopのほうが良いと思う。なぜなら、Android 5.0 Lollipopは、撮影の時期、撮影の場所などの条件によって、写真を整理することができる;
  • 端末の共有:自分用、家族用、特に子ども用に複数のアカウントを作成して、スマートフォンを持たない場合は、別のAndroid 5.0 Lollipop搭載端末にログインして、連絡先、メッセージ、写真を利用できるようになる。それに対して、iOS8.1は複数のアカウントに対応不可、ファミリー共有を使って、写真、ビデオ、音楽、iTunesで購入したコンテンツなどを、あなたの家族が使う複数のApple製デバイス上で簡単に共有できる。それぞれにはメリットがある。さらに、iOS8.1とOS X Yosemiteをシームレスな連携を実現し、ユーザーはいままで以上に多くのことができるようになる;

  • ■ Android 5.0 LollipopとiOS8.1の共通点

  • ロック画面・ホームスクリーン:二つのプラットフォームのロック画面はよく似っている。言い換えれば、Android 5.0ロリポップはiOS8の設計アイディアを取り入れてきたようなものである。Android 5.0 LollipopとiOS8.1と両方ともロック画面の中央に通知カードが表示されていて、画面の下部によく使うアプリに素早くアクセスできるショートカットが作成される;
  • 便利なウィジェット:以前、便利なウィジェットはAndroid OSならではのものであるが、今回AppleはiOS8.1に取り入れるようになった。画面の上から下へのスワイプすると通知センターにアプリのウィジェットを表示することができる;
  • マルチタスク処理:Android 5.0 Lollipopではマルチタスク処理が大きく変更された。これまでのようなリストで表示されなく、カードの束として表示される。それはiOS8.1のマルチタスク(アプリ切り替え)と相似している。だから、Android 5.0 LollipopとiOS8.1の共通点の一つのところである;
  • キーボード:Android 5.0 LollipopとiOS8.1に内蔵されるIMEの種類は大体同じである。音声認識、補正機能、予測能力、文脈認識能力などの機能。特に、iOS8.1で最も注目されている機能の一つは、標準キーボードの置き換えが可能になるというものである。Appleのユーザーにとっては、大きなメリットとなる;
  • 上述していた「Android OS 5.0対iPhone OS 8.1:Android 5.0 LollipopとiOS8.1の比較」から見れば、GoogleとApple、各社のプラットフォームがだんだん似てきていると感じるよね。Android OSでもiOSでも、どちらも相手の良い点を取り入れていると言えるだろう。両者とも進化しつづけていき、最適なパフォーマンスを発揮!Android OS 5.0はデザインの刷新がメインで、視覚的に大幅に改良されるし、より速い、よりスムーズで、よりパワフルな動作と体験を実現する。iOS8.1はMacとiOSデバイスの間での同期機能、サービス統合機能などの工夫を行う。閉鎖的で画一性のあるiOSの世界と開放的で多様性のあるAndroidの世界は、徐々に歩み寄りつつあるように感じる。どちらが好きかというのは、単に好みの問題である。来年、より使いやすい、よりスムーズで、より素晴らしいAndroid OSとiOSを見せると信じている。

    参考資料:

    すべてのことにはメリット・デメリットが存在し、新OSのAndroid 5.0 LollipopとiOS8.1でも同じである。参考までに、Android 5.0 Lollipopの不具合とiOS8.1の不具合を簡単に紹介する。

    ● Nexus5で報告されているAndroid 5.0 Lollipopの不具合一覧

  • Youtubeなど、一部のアプリからの音が出ない;
  • 電話ができない;
  • ロック画面でパスコードを入れると再起動する;
  • バッテリー消費が異常に早い;(多く発生);
  • マイクが作動できない;
  • カメラアプリが立ち上がれない;
  • LTEの掴みが悪く、アンテナピクトが頻繁に変わる;(多く発生);
  • ● iOS8.1の不具合一覧

  • iPhone5/5sで動作がおもくなる;
  • SafariのWeb内にある「ウィンドウを閉じる」をタップすると閉じない;
  • Safariがフリーズしたり表示が崩れる;
  • ApplePayが二重決済になったり、決済されない;(新規不具合)
  • Bluetoothの接続が一時的に悪くなる;
  • すべての設定をリセットするとiCloud Driveが削除される(新規不具合)
  • コメント

    このブログの人気の投稿

    Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

    2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

    WinX DVD Author アップデート!ムービーメーカーの動画をDVDに焼ける!