Xperia Z4レビュー・評価! Xperia Z4の不具合・魅力を徹底解剖

話題のXperia Z4徹底レビュー国産最強スマホ、ソニーXperia Z4の実力に酔う

 
▼元記事を読む▼
http://macxdvd.com/blog/excellent-sony-xperia-z4-review.htm
 
  
 
  
国産最強スマホ、ソニーXperia Z4コミ・評判
こ いつは、おったまげたな………。6月10日(水)、遂に国内キャリア発売されたXperia Z4(エクスぺリア ゼットフォー)。人気シリーズ最新作、発売初日にハマコーは手に入れ、ここ1週間強、日常生活で使ってみた。ハマコーの中では、これ、国産又は全世界最強 スマホと言い切れる。今回は、2015年夏モデルソニーXperia Z4の詳細情報をできるだけたくさん紹介する。この夏に携帯電話・スマートフォンの購入や買い換えを検討しているユーザーの参考になれば幸いだと思う。
Xperia Z4徹底レビュー:Xperia Z4のスペック詳細
Xperia Z4レビュー・評価を解説する前に、Xperia Z4のスペック表を見てみよう。指紋認証、NFC、ワイヤレス充電搭載、とびきりの国産ハイスペックスマホである。
OSAndroid 5.0 Lollipop
ディスプレイパネル5.2インチ液晶,解像度1080×1920ドット
サイズ72×146×6.9mm
重量144g
カラーホワイト,ブラック,カッパー,アクアグリーン
プロセッサーSnapdragon 810(8コア,最大CPU動作クロック2GHz)
ストレージ32GB/64GB/128GB
内臓メモリー3GB
外部メモリmicroSDXC(最大128Gバイト)
カメラメインカメラ:2070万画素Exmor RS CMOS、F値 2.0、25mm広角レンズ、手ブレ補正;インカメラ:510万画素Exmor RS CMOS、25mm広角レンズ、手ブレ補正
防水・防塵IPX5/IPX8、IP6X(ともに最高レベル)
バッテリー容量2930mAh(67.8時間)
その他指紋認証、NFC、ワイヤレス充電搭載


Xperia Z4レビュー・評価:Xperia Z4メリット・デメリット
前 モデルZ3の基本スペックを向上させ、完成形を目指したというXperia Z4の魅力を一般的に語るならば、フロントカメラの強化や、メシマズ写真とおさらばできるプレミアムおまかせモードのグルメモード対応、プロセッサーなど の基本性能の向上といった点が、評価の中心になるだろう。
Xperia Z4が発売される。大きな注目が集まっているが、あなたは買うか?実は、Xperiaコメントをいただいて悩み始めている。最近、買った方が良いのか、買 わない方が良いのか?のXperia Z4コメントで各主張を分解する。以下の内容を見れば、Xperia Z4メリット・デメリットを徹底的にチェックできる。
 Xperia Z4の購入を控える人の主張
ス ペックアップなのに薄型スタイリッシュ:最新のCPUである64bitオクタコアCPUを搭載しており、パフォーマンスは約2年前のXperiaに比べて 約2~3倍にアップしている。様々な機能を進化させながら、本体ボディは更に薄く、軽くなった。ラグジュアリーな存在感を醸し出し、メタルフレームとガラ ス。素材やデザインの細部までこだわり抜いている。
SONYの高音質技術:イレゾ対応以外にも三つ大きな機能がある。つまり、手持ちの音楽がハイレゾのような豊潤な音に生まれ変わること、スマホ初のLDAC対応、様々な音源をワイヤレスに高音質で楽しめること、及びヘッドホンを認識し、音を自動最適化してくれること。
自 撮り強化の完成形:Xperia Z3と比べて、フロントカメラの画素数が220万画素から510万画素に格段に上がる。また、自動シーン認識や動画手ぶれ補正、電子式手ぶれ補正が強化さ れたインテリジェントアクティブモードもフロントカメラで利用でき、レンズも25mmに広角化し、自撮り時に人物だけでなく背景もしっかり映り込む。
通信速度向上:LTEはCAにより最大225Mbpsと無線LANの11acが2x2アンテナによる867 Mbpsまでの対応となり、通信速度が向上している。
防水・防塵性能:3年前、ライバル機種LGはL-01E/Optimus Gで既にキャップレス防水USB端子を搭載していることに対し、ソニーはZ3まで採用していたマグネット充電端子を無くし、新たにマイクロUSB部が防水キャップレスに対応した。
※  Xperia Z4不具合で買わない人の主張
Xperia Z4発熱:ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから出揃った熱い夏モデルXperia Z4と海外ではもっぱらの評判であった。ということは、Snapdragon S810の発熱問題という点。Xperia Z4には64bitオクラコア特有の発熱があり、特殊な放熱仕様のため、ライバル機種又は旧モデルよりも熱く感じること自体は事実且つ異常ではないとのこ と。その一方、高温時にカメラアプリ落ちやカメラ強制終了などが発生しており、この問題については夏の間に提供されるアップデートで改善するとのこと。
本体代金が高い:本体価格は、携帯各社の割引サービス(月々割など)なしでは、8万円超えと高額。具体的には、各形態会社によって下記の代金がかかる。
ドコモAuソフトバンク
本体価格93,312円84,240円81,120円
MNP(月々割適用後)55,728円(2,322円/月)43,200円(1800円/月)37,920円(1,580円/月)
機種変更((月々割適用後))10,368円(432円/月)10,800円(450円/月)10,800円(450円/月)
電 池持ちの悪さ:発売以降、Xperia Z4発熱問題の後、バッテリー持ちの悪さから評価がイマイチなXperia Z4。ARROWS NX F-04G、AQUOS ZETA SH03G、Galaxy S6 edge、Galaxy S6 SC-05Gの電池持ち時間と比較して、ドコモ公式の実使用時間テストでXperia Z4 SO-03Gの電池持ちが約67.8時間で、最下位でした。だから電池が一日持たないのが正直な感想。本体発熱に伴ってバッテリーがどんどん減っていくの か、それとも、それとは無関係に、スペック通りの仕様なのかが気になるよね……前者ならばある程度今後アップデートで改善されるが、後者ならばかなり絶望 的とも言える。
液晶解像度とサイズ:Xperia Z4は今回5.2インチFHD液晶を搭載し、解像度も2560×1440にアップデートされている。FHDで省エネ有利だが、ハイエンドモデルである以上 WQHD液晶を搭載していなく、初代Zから5代続けて同じ解像度、液晶サイズもほぼ変わらずなどというのはちょっと手抜き感がある。
音漏 れ:Xperia Z4口コミ・評判掲示板では、通話中、音量を小さくしていても相手の声が漏れる、イヤホンをさした際の音漏れがひどく、外で音楽を聴くことができないとい うような質問が多い。一部ではスピーカーが完全に通話モードに切り替わっていない可能性も指摘されている。また、類似した症状がイヤホン使用時にも報告さ れている。更に、第三者アプリが原因で発生しているとの指摘もある。
タッチ切れ:Xperiaコメントでは、ディズプレイの左端、中央部分 だけタッチセンサーが反応しないという人がいる。ハード的な原因が疑われている。一方、端末側面のアルミフレームに直接手が触れた状態だと発生しにくいと いう報告もあり、アース不良である可能性も指摘されている。そのため、気になる方は早めにチェックしてみよう。
Xperia Z4コメントまとめ
Xperia Z4口コミ・評判、Xperia Z4メリット・デメリット(買おうと思う理由と買わないと思う理由)などというXperia Z4レビュー・評価を見ればどう思っているのか。Xperia Z4発熱、バッテリー消費が早すぎなどという様々なXperia Z4不具合報告があるが、Xperia Z4を買いたい人も多いだろう。また、どんな物を購入検討する時もそうであるが、自分にとって本当に必要な機能があるか否か、有意義に活用できるかは、実 際に触って見なければわからない場合が多い。Xperia Z4の購入を考える人はこの記事を参考にしながら、ソニーストア直営店などで触ってみてはいかがだろうか?自分にとってXperia Z4が必要か否か把握することができるだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法