AVCHD MP4比較:AVCHD MP4違い、AVCHD MP4特徴、AVCHD MP4変換ソフトおすすめ


AVCHDとは:AVCHDとはハイビジョン動画(HD動画)記録フォーマットの一つで、圧縮効率は従来のHD動画記録フォーマットより良いため、DVD程度のディスク容量でもHD映像を数時間録画することができるフォーマットである。HD録画に対しているハードディスク録画方式やメモリー録画方式の家庭用デジタルビデオカメラで多く採用され、最も人気のある記録形式である。また、ハイビジョンで記録できるため、大画面でも美しい映像を鑑賞することが可能である。付属のブルーレイディスクレコーダーや動画用ソフトウェアなどを使うと、プレーヤーで再生可能なハイビジョンディスクを作られる。しかし、AVCHDで作られたDVDディスクを再生するには、基本的にAVCHD(H.264/MPEG-4 AVC)に対応したDVD再生ソフトウェアが必要。

MP4とは:MP4とはMPEG-4パート12(第12部)及びパート14(M-JPEGなどのQuickTime形式を含むということ)で規格されているファイルフォーマットである。互換性という意味ではMP4はMPEGパート2も格納できるため、基本的にMP4に対応しているものはどちらも再生可能となる。拡張子として.mp4が使われる。だから、MP4はファイルフォーマットで言わばコンテナ(容器)(拡張子)である。MP4のコンテナにはH263、MPEG-4 AVC/H264という映像コーデックを入れることもでき、変換をしなくても、iPod、iPad、ウォークマンなどのデバイスでの再生、FacebookやYouTubeへのアップロードやWeb公開をかんたんに行える。

AVCHD MP4比較:それぞれの特徴は何?
AVCHDの特徴:HD映像の長時間撮影;様々な記録メディアにHD映像を記録可能;ご家庭でHD映像を楽しめる;
MP4の特徴:通常記録した動画データと比べると、容量が低い;動画を撮影した後、Wi-Fi経由でスマホやタブレットなどのスマートデバイスに転送可能;撮影後すぐにYouTubeなどの動画サイトへアップロードしたり、遠隔地から映像をチェックしたりすることができる;

AVCHD MP4違い:拡張子
基本コーデックが同じMPEG-4 H264/AVCでも、AVCHDは圧縮形式はMPEG-4 H264/AVCハイプロファイル、レベル4.0以上との規定がある。AVCHDの音声はリニアPCM、AC-3で、この映像・音声をMPEG2 TSで多重化し、レコーディングフォーマットはBDAVである。AVCHD動画のファイル形式(拡張子)は、Windows Live ムービーメーカーの場合はMTS、PMB(SONYのビデオカメラについていたソフト)の場合はm2ts。MP4はコンテナであるので、AVCHDのような規定はないが、主にH264/AVCのベースラインプロファイルやメインプロファイルが使用される場合は多く見受けられる。標準的なMP4ファイルの拡張子は.mp4だが、動画のみの場合は.m4v、音声のみの場合は.m4aが使われることもある。
おすすめ: どちらとも言えない
AVCHD MP4違い:互換性
前でも説明したが、AVCHDとMP4、それぞれのプロファイル、レベルに適したデコード、エンコード処理が行われるので、基本コーデック(H264/AVC)が同じでも全く互換のない別物に近い処理となる。AVCHDのDVDディスクは従来のDVD規格と互換性がない、AVCHDに対応していない従来のDVDプレーヤー(DVDレコーダー)にAVCHDディスクを入れた場合、ディスクを認識しなかったり、再生できないばかりか、取り出せなくなることがある。PC上でAVCHDで録画したDVDディスクを再生するには、基本的にAVCHD方式に対応したDVD再生ソフトが必要。対して、MP4なら多くの機器が対応し、保存性・画質ともに高いものである。
おすすめ: MP4
AVCHD MP4違い:画質
AVCHD画質とMP4画質ではどちらの画質が良いのか。それはビデオカメラの画質については、撮影時の映像フォーマットだけではなく、レンズやイメージセンサーを含めたカメラの総合的な性能で決定する。さらに、被写体によっても異なるため、一概にどちらの画質が良いということはない。パナソニック製なら、AVCHDの方が綺麗で、編集するのが前提ならMP4が良い。キャノン製、特にR42とかならAVCHDと比較しても遜色が少ないほどMP4でも高画質で記録できる。
おすすめ: AVCHD
AVCHD MP4違い:ファイルサイズ
AVCHD規格は高効率の圧縮符号化技術を用いて、HD信号を記録するハイビジョンデジタルビデオカメラの規格である。従来の画像圧縮方式に比べ、さらに高い圧縮効率を持った優れた方式であるが、従来の動画ファイルと比較するとファイルサイズが大きく、対応している映像編集ソフトウェアの種類も少ないというデメリットがある。AVCHDと比べてMP4が一番最善なHD動画フォーマットで、MP4/H.264形式で最小のファイルサイズと高画質のビデオを作られるからである。
おすすめ: MP4
AVCHD MP4違い:ビデオ&オーディオコーデック
AVCHDもMP4もビデオコーデックはMPEG-4 AVC/H.264 で、ただオーディオコーデックが異なる。上記のように、AVCHDの音声符号化形式(コーデック)はリニアPCM方式、AC-3(ドルビーデジタル方式)で、MP4の音声符号化形式(コーデック)は主にAACが使用され、他にもMP3など多くの符号化形式を格納する。
おすすめ: どちらとも言えない
AVCHD MP4違い:汎用性
使用率と言えば、AVCHDとMP4どっちがよく使われるの?一般的にAVCHDロゴのある機器またはその能力のあるソフトが搭載されたパソコンを使ってAVCHDディスクを再生することができる。強いて言えば、AVCHDによりTV、ブルーレイ/DVDレコーダーとのAV連携まで含めた再生環境が広がり、使い勝手(汎用性)が高い。AVCHDと違い、MP4は管理しやすさ、様々な端末で使用でき汎用性に優れる。
おすすめ: MP4
AVCHDMP4の違い:各種サービス比較


元記事を読む>>

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法