ギャラクシー エクスペリア対決:Xperia XZ Premium Galaxy S8どっちが良いのかを比較してみた

ギャラクシー エクスペリアスマホを使ったことがあるのか。ギャラクシー エクスペリアどっちがいいか、と悩んでいる方が多いだろうね。まっ、私みたいに、iPhone5sからGalaxy Xperiaへの機種変更を考えている。Androidスマホでギャラクシー かエクスペリアか迷っている。Xperiaのスマホの大きな特徴は防水機能が搭載されている上、デジカメ並の画素数を搭載している点。一方、Galaxyのスマホの大きな特徴は、デザイン性が抜群で、高級感があり、ハイスペックなのに発熱がほとんどないという点。
このページでは、「Xperiaのメリット・デメリット」、「Galaxyのメリット・デメリット」、「Galaxy Xperiaの違い」、「スペック的にGalaxy Xperia比較」をもれなく徹底的にまとめたのでギャラクシー エクスペリアスマホへの機種変更を検討されている方の参考になれば幸いだと思う。

Xperiaのメリット・デメリット

【メリット一覧】

★ カメラ性能が史上最高:例えばフロントカメラの画素数がXperia Z3は220万画素、Xperia Z4は510万画素、Xperia Z5は500万画素、Xperia XZは約2300万画素、Xperia XZ Premiumは1900万画素で据え置き、高画素化したインカメラとアウトカメラの切り替えを上から下へスワイプすることもできる。更に、次期のモデルXperia はそれを超えると予想される。
★ 相当の高音質で音楽を聴ける:エクスペリアの大きな注目ポイントとして、Walkmanで培われたソニーの高音質技術は外せない。例えば:人気機種Xperia XZ PremiumはUSB Type-Cを搭載している時点でMHL規格外であるので、有線接続では無く無線接続での外部出力が最も有力とされている。
★ バッテリー容量が多い:3230mAhのバッテリー搭載を搭載している。SIMフリー人気のASUSのZen Fone5よりもバッテリー持ちが良い計算になる。1回充電するだけで、1日は持てる。例えば、Xperia Xシリーズの全てモデルで、充電時にバッテリー劣化を防ぎながら充電が可能なQNS Adaptive Charging Softwareを搭載していて、バッテリーの寿命が約2倍に向上しつつ、QuickCharge 2.0の高速充電で、10分充電すると5時間以上駆動出来るだけの充電ができる。
★ デザインが良い:エクスペリアのフラッグシップモデルは、いつも「持つよろこび」を目指し、着実にスペックアップをしつつも、薄く、軽く、持ちやすいというデザインも一切妥協せず、更なる高みを実現している。例えば:薄さ約7.4mm、質量が約154gのXperia Z3;薄さ約6.9mm、質量が144gのXperia Z4;薄さ約7.2mm、質量が約144gのXperia Z5。質量が約195g、薄さが7.9mmのXperia XZ Premium。
★ 生活防水・防塵:生活防水の基準であるIP65 / IP68なので、多少の水は大丈夫。突然、雨が降ってきても、地図アプリを見ないといけない状況でも大丈夫。また、防塵機能も備えているので、子供と砂場で遊んでもOK。

【デメリット一覧】

★ 発熱問題:ハイスペックになったが、背面がかなり熱くなり、熱暴走っぽい現象も発生する。また、発熱に伴うカメラ機能障害などが発生しているということもある。
★ 日次制限がある:高速通信150Mbpsでの通信可能であるが、高速通信は一日140Mまでである。それを超えると200Kまで制限される。
★ 本体代金が高い:人気機種Xperia Z4の本体価格は、携帯各社の割引サービス(月々割など)なしでは、8万円超えと高額である。また、2016年6月24日(金)に発売されるXperia X Performanceの本体価格は税込9万3120円(ソフトバンク)と発表される。2017年最新モデルXperia XZ Premiumは約9万円。具体的には、各携帯会社によって違う。
★ 操作性・その他:iPhone程のヌルヌルな感じはなし、Z3に至っては画面端のタッチの感度があまりよくなく、アクセサリーは豊富ではない。

Galaxyのメリット・デメリット

【メリット一覧】

★ 独特なデザイン性:ギャラクシースマホはいつも大画面で、色々なメディアを採用することでデザイン性を高めるフォンである。最も注目なのは、Galaxy S8/S8+だろう。これまでのスマホのスタイルと異なり、完全に新しいフォームファクタを採用し始める。新しい種類のスマートフォン、新時代のデザインとなるモデル。
★ ディスプレイ:Galaxy S8では極端な狭額縁設計により、前面全体の面積に対するディスプレイ面積の比率はスマホ史上最高となる広さで、いろいろなコンテンツが見やすくなっている。更に、Galaxy S8 にはInvisible Home Buttonを採用し、ホームボタンが表示される位置に内蔵された力覚センサーにより、画面の押し込みが検出され、押したときの感覚も震動で疑似的に再現される。スマホ史上最もデザイン性の高い機種だと思う。左右がカーブした曲面ディスプレイを採用し、ベゼルがほとんどないデザインを実現した。人工知能(AI)を活用したデジタルアシスタント「Bixby」を搭載し、一部標準アプリケーションとカメラやメッセージなどにわたって音声で操作できる。
★ 処理速度が速い:今好評中のGalaxy S810nmプロセッサの技術によって、より迅速かつ高度なパフォーマンスを可能となる。Gigabit LTEとGigabit Wi-Fiにも対応していて、ダウンロードが楽になる。また、Xperia XZなどのハイスペック機種と比べて、高速処理による発熱報告がほとんどなかった。その点はギャラクシー エクスペリア違いの一つ。

【デメリット一覧】

★ バッテリー性能がイマイチ:ハイスペック化でますます便利になるスマホだが、それに伴いバッテリーにかかる負荷も増えている。他機種と比べて、ギャラクシーのバッテリーの持ちは悪い。ただし、クイック充電やワイヤレス充電の機能がある。
★ 防水・防塵機能が弱い:古いギャラクシーモデルは、本体のデザイン性を優先しているが、生活防水・防塵機能がない。だから、お風呂やトイレで使用する場合は十分に注意する必要がある。ただし、2016年新モデルのGalaxy S7/S7 edgeでは、S6/S6 Edgeに失われてしまった"防水"や"microSDスロット"も復活している。防水機能に気になるなら、最新機種Galaxy S8/S8+はおすすめ。
★ 端末価格が高い:最新のGalaxy S8/S8+の本体価格は、携帯各社の割引サービス(月々割など)なしでは、9万円超えと高額である。また、ドコモが2017年4月21日に「Galaxy S8/S8+」を発売される見込み。一括価格は約9万5千円/ 10万7千円(税込)とのこと。具体的には、各携帯会社によって違う。
だから、上記の「Xperiaのメリット・デメリット」や「Galaxyのメリット・デメリット」から見れば、GalaxyかXperiaかどっちが自分にピッタリなのか大体分かるはず。デザイン性、高級感に気になる方は、Galaxyスマホ。仕事向けである。カメラ機能、防塵防水機能に気になる方は、Xperiaスマホの方がいい。それでは、以下は、スペック的にギャラクシーとエクスペリア比較を分析してみた。ギャラクシー エクスペリアスマホへの機種変更を検討されている方は続きを読んでください。
ギャラクシー エクスペリア対決:GalaxyかXperiaかどっちが良いのかを比較してみた


コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

WinX DVD Author アップデート!ムービーメーカーの動画をDVDに焼ける!