11月11日(水)に発売されるiPad Pro VS 11月12日(木)に発売されるSurface Pro 4

マイクロソフトSurface Pro 4 対アップルiPad Pro!!

マイクロソフトSurface Pro 4 対アップルiPad Pro:スペック、価格、発売日など比較!

2015 待望のタブレットと言えば、Microsoft製のSurface Pro 4とアップル製のiPad Proは最も注目されている。今年サーフェス・ファミリーの新製品として、Surface Pro 4の登場は話題になる。一方、iPad新モデルiPad Proの噂も飛び交っている。タブレット製品として、Surface Pro 4とiPad Proは各自の使い勝手の良さと魅力があるが、機能、スペック、価格、発売日など各方面で比較されることがよくある。特に、新しいタブレットに買い換える 方は、どっちが買いべきかと迷って、必死にネットで散々散ている関連情報を探しているか。さて、本文はSurface Pro 4とiPad Proの最新情報をまとめて、Surface Pro 4とiPad Proを比較して、その違いをいちいちと紹介する。ぜひ見逃さないでください。


細かいところまでSurface Pro 4とiPad Pro違いを見てみよう!

 1. Surface Pro 4とiPad Pro違い:スペックと機能

 

Surface Pro 4
サーフェスプロ4は12.3インチPixelSense(TM)ディスプレイ搭載モデルを準備している。そして、16 GBのRAMおよび最大1TBのメモリストレージが期待できる。 
そ の他、Surface Pro 4は視覚効果を強化するために、改善されたGPUを採用するのである。また、インテルのBroadwell CPUの小さいサイズのおかげて、先代モデルと比べると、Surface Pro 4は薄型軽量化を果たすのということである。ただし、Surface Pro 4はCore Mを搭載してファンレスになるのは確実である。
 
iPad Pro
Surface Pro 4と異なって、iPad Proは12.9インチのスクリーンを搭載して、現役の9.7インチのiPad Airより、大型化になる。ETNewsによると、いま、LGは新iPad向けの高解像のオキサイドTFTパネルの生産速度をあげる。それらのパネルは 2K解像度で、超高精細の画質を提供してくれる。 
い ま、iPad Proについての噂の中で、13インチのMacBook Proに採用されたForce Touch機能は最も盛り上がる。ユーザーがマイナーモードで操作可能とForce Touchでできることである。 iPad Proは新しいA9XプロセッサおよびA9Xチップ、2GBのRAM容量を搭載する可能性が高い。そして、11,000mAhもの大型バッテリを搭載、ス タイラスペンが付属しているという噂もある。最新OSであるiOS 9が搭載されるのが予想できる。
2015年注目されているiPadモデル最新情報特集: 

2. Surface Pro 4とiPad Pro比較:価格

多 くの方にとって、好きだったら、勝手に手を出すことが無理。それくらいの価値があるかどうかと大事なことである。そのため、同等の性能を持った商品なら、 安いほどいいと思われる。Surface Pro 4とiPad Proは価格競争も激しい。Surface Proシリーズの製品は高すぎるという印象が強い。今度の新モデルは以下の通り(税抜参考価格):
(CPU:Core m3、メモリ:4GB、記憶域:128GB):一般向け124,800円/法人向け111,800円
(CPU:Core i5、メモリ:4GB、記憶域:128GB):一般向け139,800円/法人向け126,800円
(CPU:Core i5、メモリ:8GB、記憶域:256GB):一般向け179,800円/法人向け166,800円
(CPU:Core i5、メモリ:8GB、記憶域:256GB):一般向け179,800円/法人向け166,800円
(CPU:Core i7、メモリ:8GB、記憶域:256GB):一般向け214,800円/法人向け201,800円
(CPU:Core i7、メモリ:16GB、記憶域:256GB):一般向け239,800円/法人向け239,800円
(CPU:Core i7、メモリ:16GB、記憶域:512GB):一般向け289,800円/法人向け276,800円
そ して、現在10インチのiPad Air 2は日本では5万3800円~で販売されているが、大型化にあるiPad ProはiPad Air 2より安くなるわけではない、それ以上になるのは必至。お値段はWi-Fiモデルの32GBが799ドル(約9万7000円)、128GBで949ドル (約11万4900円)、128GBでセルラーモデルは1079ドル(約13万500円)である。それとしても、1000ドル~2000ドルの Surface Pro 4と比べてずっと安価だ。
3. Surface Pro 4とiPad Pro比較:発売日
 Microsoft によって開発したWindows 10は公開されてばかりなので、Windows 10の波に乗って、最新対応機種Surface Pro 4をリリースすれば、Windows 10とSurface Pro 4どっちにもいい影響をもたらす。ただし、Surface Pro先代モデルの発売スケジュールによって、毎年特定の時期に行われることではないが、Surface Pro 4の場合、たぶん2015年10月ごろになると見込む。最新情報によると、Surface Pro 4発売日は11月12日(木)となり、予約開始は10月23日から。(※Core i7モデルの発売日は別途発表する。また、法人モデルでは、別途Officeを購入する必要がある。)一方、最新情報によると、iPad Proの発売日は2015年11月である。

Surface Pro 4とiPad Proスペック一覧:

種別
Surface Pro 4
iPad Pro
ディスプレイ
12.3インチ
12.9インチ
OS
Windows10iOS9
バッテリー性能
ほぼSurface Pro 3と同じ容量を搭載;ただ、CPUの改善によって、一度充電すれば、Surface Pro 3の9時間の駆動時間より、1時間半くらい延長できる。現行モデル『iPadAir2』の1.5倍、11,000mAh
サイズ
201.42x292.10x8.4mm305.31×220.8×7mm
重さ
766g(Core m3 モデル)/786g(i5 / i7 モデル)700g未満
CPU
Intel Core m3/i5/i7A9X(A8X」の1.8倍高速)
画面解像度
2736x1824
2048×1536(2K解像度)
前面カメラ/画素数
1080p HDカメラ/500 万画素800万画素
背面カメラ/画素数1080p HDカメラ/800 万画素
Facetimeカメラが3カ所に配置され、それぞれのカメラが違う角度で撮影するため、立体的な描画が出来るようになったようである

Surface Pro 4とiPad Proどっちが買うべきか 

iPad は、iPhoneと同じiOSで出来ることはほぼ同じなので、イメージ的には「電話機能のない大画面版iPhone」と言う感じである。一方、 Surface(Surface Proシリーズ/Surface3)は、通常のPCと同じWindowsを搭載しているので、イメージ的には「キーボードを取り外して使えるノートPC」 と言う感じである。個人的に言えば、iPad Proの最新情報によると、iPadの旧バージョンを持つユーザーををこの新しいモデルを購入させる魅力がiPad Proには足りない気がする。だが、iPad Proは一部のビジネスマンを引き付けるかもしれないが、おそらくiPad MiniとiPad Airデバイスの販売不振にはあまり役に立たないだろう。それに対して、Surface Pro 4はタブレットのかわりに、古いラップトップ、およびデスクトップからの実用的なアップグレードとして、個人ユーザーと企業ユーザーを引き付ける。とにか く、Surface Pro 4とiPad Proどっちにも得意不得意はあるので、使用する場所やシーンをイメージして、使用目的は明確にしてあげて優先順位をつけると、どのタブレットが自分に合 うのか決めやすいかと思う。

関連記事 

コメント

このブログの人気の投稿

Flashxダウンロードできない場合の対処法 |素敵なFlashx.tvダウンローダーを教えよ

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【無劣化・無料】avgleダウンロードできない、avgle重い、avgle動画をPCに保存する方法